キッチン リフォーム!ビルトインコンロ IHクッキングヒーターそれぞれのメリットとデメリットと商品についてご紹介します!

2021年12月25日 リフォームの基礎知識

キッチンで必要なコンロ、「ガスコンロとIHクッキングヒーターはどちらが良いのか?」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

すっきりとした見た目で機能的を優先するならIH、料理好きな方で昔ながらの使い勝手を優先するならガスコンロ、

といったように利用する環境や好みなどによって良し悪しは異なります。

まずはご家庭のキッチンを利用する頻度、主に調理するもの、生活スタイル、家族構成などのライフスタイルを考えてみましょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、比較してみてください。

 

IHクッキングヒーター

メリット

安全性が高い

お手入れがラクで清潔

効率がよく省エネに

キッチン内の空気が快適

見た目がスッキリ、おしゃれ

 

デメリット

火加減がむずかしい

調理器具はIH対応したものしか使えない

停電時に使用できない

 

最近ではオールメタル対応機種を選べば、ほとんどの鍋が使えるようになっています。

価格のめやす:3口+グリルタイプで20~40万円台

光熱費めやす:4人家族で年間約2.5万円

 

 

 

ガスコンロ

メリット

火力を自由にコントロールできる

調理器具を選ばない

停電時でも使用できる

 

デメリット

火を扱うため危険

キッチン内が暑くなりやすい

お手入れが大変

 

最新ガスコンロはSiセンサーの搭載が法律で義務付けられていて、安全性が向上しています。

「消し忘れ消火機能」「調理油加熱防止装置」などの安全機能もあります。

価格のめやす:3口+グリルタイプで7~30万円台

光熱費めやす:4人家族で年間約1.2万円

 

 

ハイブリッドコンロ

ハイブリッドコンロとは「ガスコンロ」と「IH」がひとつのキッチンで使える斬新なビルトイン機器です!

その名もハイブリッドコンロ「Dual Chef」がクリナップから販売されてます。

作る料理によってガスとIHを使いわけ

ガスコンロ、IHのそれぞれが得意な料理を同時に手際よく使い分けて作ることができます!

 

それぞれにメリットとデメリットはありますので、どちらがおすすめ!とは一概に言いがたいです。検討する際には、

メリットとデメリットの両方をきちんと把握しておくようにしましょう。あなたのライフスタイルやお好みに合わせて選んでくださいね。

どんどん進化している最新機種は使いやすさが魅力です。


リンナイのビルトインガスコンロおすすめ3機種をご紹介!

ハイグレードタイプ 『DELICIAデリシア』

AC100V電源タイプ

デリシアの特徴はまず『+R RECIPE』という携帯アプリと連動しているということ。

『毎日の料理に役立つレシピから、デリシアの活用方法や、家事のサポートまで、
便利で楽しい機能が満載のリンナイ公式アプリです!

食材で選んだり調理法でメニューを決めたり。「R RECIPE」があればちょっとした一品も、

特別な日のメニューも、あれ食べたい、これ作りたいがすぐに見つかります。

豊富なメニューの中からレシピを選んで、下ごしらえをすれば、あとはデリシアにレシピを送信するだけ。

オート調理で手間なく、美味しい料理を誰でも作ることができます。

食べたいレシピをデリシアに送信すると、火加減や加熱時間を自動調節。火加減が難しいメニューでも、

忙しくて時間がない時でも、待っているだけで美味しい料理が完成です。

すぐに料理したい時や一度にたくさんの料理を作りたい時にはアプリの同時調理におまかせ。時短できて失敗もなく美味しい料理ができます。

R RECIPE」は、調理だけでなく、家事もサポート。家事の負担を減らしたり、

料理の進み具合を家族で共有したり、料理から暮らしを豊かにする機能もたくさんあります。

なんと素晴らしい!しかし説明していも『えっ????』と思いますが、

下ごしらえだけすれば自動で調理してくれるということですよね!

これは実際に使ってみないとわからないことも多そうです!

お掃除も簡単です!イージークリーンで煮こぼれてもサッとひと拭き!焦げ付きにくくお手入れも簡単なのも特徴の一つです!

ガラストップは独自の構造により、トッププレートの裏面にアルミパネルを装着し、バーナーまわりの熱を分散・放熱させて表面温度の上昇を抑えるイージークリーン。

イージークリーン非搭載のガラストップに比べてバーナーまわりの温度が69℃ダウン。

煮こぼれや油はねなどの汚れが焦げつきにくく、簡単なお手入れだけでキレイを保ちます。

ごとくを外してサッと人拭きでラクラクきれいになります!

汚れが入る隙間さえ許さない。バーナーヘッド上部の隙間を一体化することで、さらにお手入れしやすくなり、

ごとくは持ちやすくお手入れがしやすいコンパクトサイズ。ピュアステンレスで美しく耐久性に優れています。

バーナーキャップは錆や汚れに強いピュアステンレス。優れた耐久性で、美しさを永く保ちます。

ごとくを外してサッとひと拭きで楽々キレイ!

グリルは簡単に取り外しできて、お掃除ラクラク。焼き網はフラット形状でお手入れしやすく、クリアコート加工のグリル皿は、水でサッと洗い流すだけ。

焼き網の足の部分をなくしてフラットに。洗いやすく、シンクが傷つきにくい形状です。

グリル庫内を飛び散る油などから保護する汚れカバー。従来よりも大きくなって、汚れを受ける面積も広くなりました。

排気カバーは2つに分解でき、食器洗い乾燥機でも洗えます。網目形状によりグリル内部に野菜くずなどが落ちるのを防ぎます。

排気カバーの下にちり受けを設置し、細かなゴミをキャッチします。

しっかり洗えて、いつでも清潔。気持ちよく調理できます。

基本機能も充実しています。火力の自動調節や温度調節をはじめ、炊飯機能やグリルタイマーなど、

多彩な便利機能を搭載。料理のレパートリーが広がります。

専用土鍋で自動炊飯ができる機能を搭載。ガスで炊くから、冷めても美味しく召し上がれます。

左右同時に130℃~220℃の幅広い温度調節機能が使えます。

コンロを、お好みの設定時間で自動消火。「ゆですぎ」「煮すぎ」を防ぎます。トロ火でじっくり調理する煮込み料理、パスタやレトルト食品にも重宝します。

揚げる材料に応じて、お好みの温度に設定すれば、火加減を自動調節。油の温度変化を抑えて、カラッと美味しく出来上がります。

 

火加減もおまかせ。自動調理なら「もう一品」作るゆとりが生まれます。

キッチン空間のイメージに合わせて選べる豊富なガラストップ色。デザインパターンは上品で高級感を醸し出しています。

熱や衝撃に強く、誤って鍋を落としたり調味料の容器などが滑り落ちる程度で割れることはありません。

強く美しい、ガラストップ。その際立つ性能は使うほどに実感できます。


ミドルグレードタイプ『Lisse リッセ』

AC100V電源タイプ

こちらのビルトインコンロも『デリシア』同様、+R RECIPEのアプリと連動させることができます。

デザインはキッチンと一体感のあるすっきりとしたデザイン。

汚れが溜まりやすいバーナーヘッド上部の隙間をなくしたお手入れがラクな設計です。

直感的な操作性にこだわったデザイン。軽くワンプッシュすれば操作部が開き、調理中でも見やすい角度に。使わないときはすっきり収納できます。

シンプルでスタイリッシュなグリルハンドル。グリルの開閉もスムーズで、快適なキッチンワークを演出します。

まわすだけで火力調節が可能な操作しやすい設計。つまみ周囲のシルバーリングが上質な印象を醸し出します。

オレンジLEDのインジケーターで炎の大きさを表示。シンプルな5段階の発光部は一目で火力の確認がしやすいデザインです。

グリルをよく使うかたにはうれしい機能、焼き魚などの調理時のニオイ・煙を大幅に抑えることができます。

グリル庫内の後方に搭載した専用バーナーで、焼き魚などの調理時に発生したニオイや煙を焼き切りるスモークオフ。

排気口から出るニオイはスモークオフ非搭載のグリルに比べて99%以上カット、煙は81%カットを実現しました。

リビングと一体になったキッチンや、気密性の高いマンション内でも、優れた脱煙・脱臭効果を発揮します。

リッセもデリシア同様、お掃除もらくちんです。イージークリーン機能がついており、グリルのお手入れも簡単です!


スタンダードグレード『Fami ファミ』

ファミ(オートタイプ)

すっきりフェイスデザインが魅力のオートタイプ

左右どちらのバーナーも高火力からトロ火まで自由自在。温度調節機能も左右バーナーに搭載し、揚げものや焼きものが便利に手早く調理できます。

また、炊飯機能を小バーナーに搭載し、左右コンロをより活用できるようになりました。

従来品からグリルの引き出し幅を約4cm伸ばしました。調理物の取り出しもよりスムーズに。

また焼き網の脚をなくしてシンプルなフラット形状にしたフラット焼き網だから、サッと取り出して手軽に洗えます。

こびりついた汚れも水のチカラで浮かせて落とします。

魚の種類によって焼き加減が難しい焼き魚も、グリルにおまかせで調理が可能。オートグリル機能が2回連続で使え、グリル活用の幅が広がりました。

 

いかがでしょうか?ガスコンロの性能がすごく上がっていていつもびっくりさせられます!

次回はIHコンロについてもご紹介したいと思います!

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム