映画を楽しむホームシアター!今!ホームシアターを楽しむ人が増えています!

2020年07月03日 リフォームの基礎知識

家庭用AV機器が発達し、ホームシアターを楽しむ人が増えています。

ホームシアターの映像機器には、

部屋を暗くして投影するプロジェクターとスクリーン、

明るいまま使用する大画面テレビがあります。

スクリーンは壁かけ、床置き、天吊り型などを選ぶことができ、

プロジェクターは発熱や騒音を考慮し、なるべく部屋の最後尾に設置します。

画面は低めに設置し、最適視聴距離は、大画面テレビが画面高さの2~3倍

スクリーンは1.2~1.5倍が目安です。

ホームシアターで、映画館(シアター)、音楽ホール、

野球場やサッカー場のような迫力の大画面映像と

臨場感のある音を楽しみましょう!

サラウンドのしくみ

「音に包まれるような立体的な音響効果」のことを言います。

スピーカーが取り囲むように配置することで、

このサラウンド効果を得ることができます。

このとき各スピーカーは、それぞれの方向の音を再生します。

野球中継を見ているとき、テレビの中の選手の音声や解説は

正面のスピーカーがおもに再生し、

観客の声援は後ろや横に配置したスピーカーが再生します。

すると、まるで球場に観戦に来ているような感覚が味わえるのです!

 

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2023 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム