今どきリビングは『家族団らん』だけの場所ではない!~多目的化するリビング~

2020年06月24日 リフォームの基礎知識

自分たちらしい住まいを考えるとき、

最も重要な空間といえるのがリビングです。

家族がふだん一番長くいる場所にして、

来客をもてなす空間にもなるリビングは住まいの『顔』です。

家づくりは、まずはリビングから考えるというのは

理にかなっているといえますね!

ではどんなリビングが『いいリビング』なのでしょうか?

『そもそもリビングって何をするところ?』だと思いますか?

まず挙がるのが『家族団らんの場所』というイメージですよね。

家族で映画を見たり。家族が一緒にくつろげる空間であることは

重要な要素のひとつです。

しかし、実際には『家族で同時に1つのことをする』という家庭は

多くありません。家族それそれが違うことをしている時間がほとんどです。

そのため、現在はリビングを多目的なスペースとして

活用する家族が増えています。

例えば、小さな子供がいれば毎日の遊びのスペースに、

ペットがいればペットの定位置になるのもリビングです。

さたに趣味の活動、子供の工作や勉強といった集中を要する作業も、

広く開放的なリビングの方が気分よくはかどるという人もいます。

エクササイズをしたり、リモートワークが導入されて、

平日の午前中はリビングで仕事を片付ける・・・

なんていうシーンもあるかもしれません。

家族のニーズは少しずつ変わっていくものです。

目的ごとに部屋を作るより、リビングをマルチなスペースとして

考えたほうが長い目で見ても正解になるはずです。

『なんだかんだいって、うちはいつもみんなリビングに集まっている』

すてきな家は『いいリビング』が中心になるのかもしれません。

自分たち家族がそれぞれにしたいこと、しそうなこと、

そんな未来図を考えるところから始めてみてください。

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム