マンションリフォームでおすすめ!通り抜けできる大きなファミリークローゼット

2020年03月09日 リフォームの基礎知識

ファミリクローゼットとは文字通り、家族で使える大型収納です。

上手に設置すれば、とても使い勝手のよいクローゼットとなります。

例えば、玄関と洗面室の間に設けて、両方から出入りできるようにすると、

帰宅後すぐにコートやバックをしまし、そのまま洗面室に手を洗いに行くことができます。

収納は床面積の10%~15%が目安

収納は心地よく暮らすためのキーポイントともいえます。

でも、たくさんあるから便利というわけでもありません。

収納を増やすと、お部屋がどんどんと狭くなってしまいますし、

物も増えてきますよね。

一般には収納は、造りつけ収納や収納家具を合わせて、

床面積の10%~15%が適当と言われています。

ただし、スペースが十分にあっても使い勝手が悪くて

活用しきれないや、必要な場所に収納がないなどということも

よくあります。何をどこに収納するか、ライフスタイルや家族構成、

動線などを考えて、収納スペースをつくるよう考えましょう!

収納スペースは何を収納するかによって、

奥行などを決定しましょう!

あまり奥行きがありすぎるのも使い勝手が悪くなる可能性があります。

奥からどんどんと物を詰め込んでいくと、

奥に入れたものが出し入れしにくかったり、

何を入れかわからなくなる可能性も出てきます。

奥行きがなさすぎると、大きなものが収納できなかったり・・・

その場所にどんなものを収納するのかじっくり考えて、

奥行や幅を決める必要がありますね!

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム