新タイプのキッチンにすればこんなに便利!日々のストレスを解消し、キッチンにいる時間を楽しく過ごすために・・・

2019年11月25日 リフォームの基礎知識

キッチンを新タイプのものにリフォームすると、

きれいになるだけでなく、日々のストレスも解消できます。

今までよりずっと、キッチンにいる時間が楽しくなるはずです!

奥にしまったものも簡単に出し入れできる

あれはどこにいったのかしら?

たしかこの奥にしまったはずだけど・・・

前にあるものをどけて、奥を必死にのぞきこむ。

う~む・・・。

やっと見つけても、引っ張り出すのに時間がかかってまたイライラする。

従来式のキッチンは、観音開き式収納なので大変でした。

でも今の主流の引き出しタイプなら、こんなイライラとは無縁です。

すっとあけると、奥のものまで一目で見渡せます。

必要なものを探しやすく、奥にあるものも上からさっと出し入れできます。

しかも引き出しにすると、収納量は1.5倍になります!

踏み台を使わなくてもモノを出し入れできる

手が届かない高い位置にある吊り戸棚は使いにくいものです。

物をしまい込んだまま、開かずの扉になることも少なくありません。

このスペースを日常的に使えれば、とても便利ですね!

こんな要望に応えて登場したのが、昇降式の吊り戸棚です。

手動式と電動式があり、手動式は自分でレバーを引き下ろさなければ

なりませんが、電動式ならボタンを押すだけでするする降りてきます。

食品を収納するだけでなく、水切り棚タイプや、食器乾燥タイプなど、

さまざまなタイプがあります。

片手操作でお湯も水も自由自在のシングルレバー

肉の脂でギトギトになって手で、水栓を回すのは抵抗がありますよね。

水栓が汚れるし、うっかりお湯をたくさん出して、アチチッとなることも。

かつては、お湯と水の水栓が分かれているのがふつうで、

出し止めも温度調節も面倒でした。

でも、今の主流のシングルレバーは、1つのレバーを

上下左右に動かすだけで、お湯も水も出せます。

水量や温度も自由自在。

もう、2つの水栓を回す必要はありません。

指先で軽く動かせるので、手が汚れていても

べったり水栓に汚れをつけなくてすみます。

押すだけでパッと開く収納扉

収納扉が開けにくいと、作業効率が落ちてしまいます。

毎日使うものはストレスがないものを選びたいですよね!

今のキッチンの収納扉は、取っ手がないデザインのものもあります。

軽く押すだけで、パッと開いて、

必要なものをさっと取り出せます。

シンプルでおしゃれなところも人気の秘密です。

子供が取っ手を頭にぶつける心配もありません。

ただ、高齢の方などは、従来のように取っ手があったほうが

引き出しやすくラクかもしれませんね。

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム