京都府長岡京市自社物件のマンションリノベーションが完成間近です!!~施工前から大工造作工事まで~

長岡京市にあります自社物件のマンションリフォームがいよいよ完成間近となりました。
施工前の様子から順番にお伝えしていきたいと思います。

施工前

玄関を入るとすぐにダイニングキッチンがあるという今では珍しい間取りになっています。
ダイニングとキッチンの間には空間を間仕切るかのようにドーンと食器棚が存在感を出しています。

隣の部屋は和室になっています。
扉は開け閉めするのにいかにも重たそうな感じですね。
そして同じような和室がもう一部屋と洋室が一部屋あります。

 

トイレと洗面脱衣室になります。
やはり水廻りは特に劣化が見られますね。
設備機器も昔の商品ですので、使いづらさがうかがえます。

浴室も同じでかなり汚れが目立ちますね。
こちらの3DKのマンションを弊社のプランナーがデザインをしておしゃれにリノベーションしていきます。

解体工事

まずは解体からしていきます。
こちらは玄関・ダイニングキッチン・和室があった部分になります。
間地切られていた壁もすべて撤去して一つの空間になります。
配管も全てがむき出しになっていますね。

全体的に壁が解体されて一つの箱のような空間が広がっています。
何もない空間はとても広く感じられますね。

大工下地工事

解体が終わるといよいよ大工さんによって下地工事が始まります。
床には束石が施工されておりこれから床を組むための土台になります。
手前のほうにはすでに構造用合板が施工されています。
そして壁を作るための下地である間柱も立てられています。

床の下地が完了しています。
左側手前にはユニットバスが入る予定ですので、給水給湯の配管が仕込まれています。

こちらは以前和室だった部分です。
壁・天井にボードが貼られ下地工事がどんどん進んでいますね。

他のお部屋もこのように下地工事が進んでいます!

造作工事

キッチンは天板以外は大工さんが造作していきます。
キッチンの床はLDKとは違ってフロアタイルを施工していきます。

キッチンの背面には何やら柵のようなものが設置されました。
この部分には何か面白い仕掛けがありそうですね。。。

玄関横には収納棚が造作されています。
そしてアーチ状の壁の向こう側も実は収納になります。

LDKの壁一面には収納棚が造作されました。
全部収納なのはとってもありがたい!
内装工事・住宅設備機器が設置されればいよいよ完成です!

こちらはの現場では完成見学会も予定していますので興味のある方はぜひご予約ください!
完成見学会の詳細はこちらからどうぞ!

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム