2022年05月13日 リフォームの基礎知識

シロアリ防止に必要不可欠!防蟻剤!

土壌や給排水管からの進入も防ぐ!

『防蟻剤』はその名の通り、シロアリを防ぐための薬剤のことです。

シロアリの食害は木材だけにとどまらず、プラスチックやゴム類、繊維をはじめ、

軟らかい亜鉛や薄板の金属、コンクリートまで及ぶので、

しっかりとした対策が必要です。

防蟻剤を使った対処には大きく分けて『木部処理』と『土壌処理』の2つがあります。

『木部処理』は直接、木材表面に薬剤を塗布・吹き付ける処理や、

木材や壁に薬液を注入すう処理です。

『土壌処理』は床下などの土壌に薬剤を散布する処理のことです。

シロアリは土壌中だけでなく、給排水管などが通る隙間から侵入する場合もあるため、

しっかりと進入経路を断つための対策が必要です。

また、定期的にしっかりと施工を行うことが重要です。

防蟻剤は基準を定めている『日本しろあり対策協会』によると、

『薬剤の持続効果は最大で5年』としており、

『5年をめどに再処理を行う』としています。

保証期間を忘れたり、建築時に薬剤散布したから安心だと勘違いしている方が多いです。

適切なタイミングで再処理することをおすすめしいています。

忌避性か非忌避性かをチェック!

実際の施工は専門業者が行いますが、薬剤が『忌避性』か『非忌避性』か使用をしっかりチェックしましょう。

住宅にあった商品を使用することが大切です。

忌避性は、シロアリが嫌う薬剤を使用して、シロアリが近づかないように予防する対策です。

一方非忌避性は薬剤に触れたシロアリを直接退治する対策です。

シロアリ同士で薬剤の効果を伝染させ退治する『ドミノ効果』をもった商品もあります。

連鎖的に退治する『ドミノ効果』とは?

シロアリやゴキブリの習性を利用するので少ない薬量で大きな効果が得られます。

昆虫の行動特性を巧みに利用しながら、個体から個体へと薬剤の有効成分を次々に伝播させ、

体を駆除する効果のことです。

①接触・・・薬剤を体表面に付着させたシロアリは、仲間との接触を繰り返します。

②食物交換・・・食物交換を通して他のシロアリへ、薬剤を伝播させます。

③非忌避性・・・シロアリは薬剤を感知することなく処理層に侵入します。

➃グルーミング・・・グルーミングを通して仲間のシロアリへ薬剤を伝播させます。

⑤共食い・・・死亡したシロアリを共食いすることにより、薬剤は伝播されます。

このように習性を利用した方法を『ドミノ効果』といいます。

床下に薬剤を散布しない新工法!

最近は、床下に直接薬剤を使用しない、『ベイト工法』も注目されています。

シロアリの発生を確認後、家の周りにベイト剤と呼ばれる薬剤を散布します。

シロアリを巣ごと退治するものです。脱皮をする生物に効果を発揮すうるため、

人やペットには無害です。

シロアリには様々な種類がありますが、中心となるのは下記の3種類です。

ヤマトシロアリ・イエシロアリ・アメリカカンザイシロアリ

それぞれ発生時期が若干ことなります。

ヤマトシロアリ・・・4月~6月に発生 背中と足の一部が黄色でそれ以外は黒色。

イエシロアリ・・・6月~7月に発生 茶褐色

アメリカカンザイシロアリ・・・6月~10月に発生 頭と背中の一部が茶褐色。

それ以外は黒色。


いかがでしょうか。少しシロアリ駆除のことがおわかりいただけたでしょうか?

シロアリはほっておいたら大変なことになります。

前回シロアリ駆除や防蟻をおこなってから5年以上たつというお家は

いますぐお問合せください!

シロアリ駆除・予防はこちらをクリック

早めの対策を行って、お家を守りましょう!

施工事例 全面改装から水周りまで
リフォームサービス 全面リフォーム キッチンリフォーム お風呂リフォーム トイレリフォーム 洗面所リフォーム 外壁・屋根リフォーム マンションリノベ 断熱リフォーム シロアリ予防・駆除 消毒・除菌サービス YouTube動画 リフォーム事例の動画配信中! リフォームの流れ よくあるご質問
会社概要 集合写真 株式会社 サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7
0120-35-6406
FAX 075-595-2060

無料相談 資料請求
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

リフォームサービス

施工事例 全面改装から水周りまで サンコウホームのリフォームサービスについて

サンコウホームのサイト

ブログ・イベント情報

0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット