意外と知られていない、玄関扉の断熱性能の大切さについて!

2021年04月19日 リフォームの基礎知識

こんにちは!今回は意外と知られていない玄関扉の断熱性能の大切さについて紹介します!

 

玄関まわりの断熱の大切さについて

家の熱は「開口部」から最も多く逃げ出すことが知られています。

数値にして家全体からの熱の流出を100%としたとき、

実におよそ58%が家の開口部から逃げ出します。

そのため窓を二重にしたり断熱性能が高いものを選んで取り付けている方も多いですが、

同じ開口部でありながら窓よりもサイズが大きい玄関も断熱仕様のものを選んでいる方は窓に比べ少ないです。

玄関を断熱仕様のものに交換するとどうなるのか?

せっかく家全体を断熱仕様にしても玄関が通常のものだと、

リビングや寝室等は暖かく保てるのに玄関まわりや玄関に続く廊下は冷え切ってしまう…

などの問題が発生する可能性があります😢

高断熱なドアで、冬の玄関も暖かく。

その温度差は我々が思う以上に身体に悪影響を及ぼし、

血行や代謝が悪くなったり、免疫力の低下に繋がります。

さらに最悪の場合、ヒートショックを引き起こし、

失神や心筋梗塞、脳梗塞を誘発するリスクが上がってしまいます。

玄関扉の断熱性を見直すだけで、部屋同士の温度差を減らし、

それらを引き起こすリスクを引き下げつつ快適な空間を作り上げることができます💪

高断熱な家なら、部屋間の温度差が軽減。

リフォームや新築をお悩みの方は、

家のどこにいても快適で安心に暮らせるよう、

窓だけではなく玄関扉の断熱性も見直してみましょう✨

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム