京都市上京区O様邸マンションフルリフォーム工事!断熱材はアップルゲートのセルロースファイバーで!断熱や結露対策にはぴったりの断熱材です!

京都市上京区O様邸の工事が進んでいますので、ご紹介します!

間取りの下地工事が出来上がってきていますが、

O様邸の断熱工事はアップルゲートのセルロース断熱を使用します!

この赤い機械を使って、壁にセルロースをふきつけていきます!

吹き付けるものは写真の奥に見える四角いものですが、

これは新聞紙です!しかも米国の新聞紙です!

アップルゲートのセルロース断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中を通過させて、

風圧をかけて壁に吹き付ける、『ウォール・スプレー』という工法を採用しています。

そのため、たっぷりとセルロース分※を含んだ新聞紙でなくてはいけません。

それが米国新聞紙なんです。

※セルロース分とは食物繊維の一種です。化学的に見れば植物を形作る細胞壁の成分

食品としては日常的に人間に取り込まれる食物繊維だということです。

米国新聞にはセルロース分がたっぷりと含まれています。

風圧をかけながら、霧の中を通過させることで、セルロースが互いに絡み合い、

接着材が活性化されます。吹き付け後は自然乾燥によって、断熱層がしっかりと固定される仕組みです。

日本の新聞はセルロース分が少なく、セルロースが断裁されている材料なんですよ!

こちらはセルロース断熱の施工後です。

シートを張っているので、中が見えませんが、しっかりと敷き詰まっています!

マンションでは結露に悩まれている方も多いかと思います。

壁がコンクリートなので、風通しの悪いところなどは結露してしまいますよね・・・

しかし、しっかりと断熱工事を行えば、壁の結露の心配はいりません!

マンションリフォームにこそ、セルロース断熱をおすすめしています!

さて、室内は間取りに合わせて仕切られていきます!

天井の下地と床のフローリング張りは完了しているようです!

完成に近づいてきてますね!

次回をお楽しみに!

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム