2019年07月20日 リフォームの基礎知識

一日の疲れを癒してくれるお風呂の時間・・・日々の暮らしに潤いを与え、贅沢な時間を演出してくれる特別な空間です。でもタイルのお風呂で冷え冷えしていたり、カビで壁が黒ずんでいたり・・・これではせっかくの癒しの時間が台無しです。お風呂をもっと心地よくし、気持ちのいいバスタイムを過ごせる浴槽にするのは、お風呂リフォームしかありません

 


冬場の浴槽は、居室と浴室内の温度差が大きく『ヒートショック』が起こりやすいです。ヒートショックとは急激な温度の変化によって血圧が大きく変動するなど、身体に大きな負荷がかかることで起こり、失神、不整脈などの症状が見られます。重症の場合は死に至ることもあります。持病がない健康な方にもヒートショックは起こります。ヒートショックを防ぐためにも、体調とともに、お風呂にも気遣いが必要です。

①足元がひやっとしない床

浴室に一歩足を踏み入れた瞬間『冷たっ!!!』そんな経験はないでしょうか?タイル張りの浴室風呂は冬の時期になるとタイルが冷え切ってしまい、凍えるような寒さを感じます。この浴室の床のヒヤッを防ごうと、床下の冷気を遮断する断熱材が使われ、冷たさを感じさせない工夫がほどこされています。さらには床下に暖房を設置しているものもあります。


②浴室全体を包んでしっかり保温

冬の季節、浴室が冷え切っていて寒い思いをしたことはありませんか?最近では浴室全体を保温材で包みこんで、保温機能を高めた浴室があるんです。浴槽や床の断熱は最近ではあたりまえになってきていますが、壁や天井にも断熱材をいれて保温機能を高めています。断熱材は熱を出すわけではなく、一度温まった熱をキープする役割を持っています。またさらには窓にも内窓をつけることで、温度差を軽減することが可能です。


③浴室を暖めるのに便利な乾燥暖房機

浴室の寒さの解消に、手軽で便利なのが乾燥暖房機です。洗濯物の乾燥に使用するだけでなく、冬場の浴室暖房にも大変便利です。ボタン一つで浴室内を暖めてくれるので、家事の合間でも手間はかかりません。電気式・ガス式の2種類から選ぶことができます。

一番風呂でも寒さを気にすることなく。ぽかぽか気持ちのいい入浴が楽しめます!

体の負担を減らすために、半身浴ステップを使うと効果的です。浴槽内の腰掛用のステップを使って足元からゆっくりと入浴していきます。ゆっくり足元をあたためてから徐々にお風呂につかると、心臓への負担も少ないでしょう。また、ずっと肩までお湯につかるのではなく、ときどきステップに腰かけて半身浴する入浴法もよいとされています。

施工事例 全面改装から水周りまで
リフォームサービス 全面リフォーム キッチンリフォーム お風呂リフォーム トイレリフォーム 洗面所リフォーム 外壁・屋根リフォーム マンションリノベ YouTube動画 リフォーム事例の動画配信中! リフォームの流れ よくあるご質問
会社概要 集合写真 株式会社 サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7
0120-35-6406
FAX 075-595-2060

無料相談 資料請求
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

リフォームサービス

施工事例 全面改装から水周りまで サンコウホームのリフォームサービスについて

サンコウホームのサイト

ブログ・イベント情報

0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2020 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット