光が差し込む明るい玄関

2019年07月01日 リフォームの基礎知識

私が一軒家を建てるかリフォームするとしたら、玄関には特にこだわると思います。希望としては広くて明るい玄関です現在はマンションに住んでいますので、玄関は狭く2人が帰って靴を脱げばそれだけでいっぱいです。狭いのだからいちいちしまえばいいのですが、玄関収納もそんなに大きくないので、ギリギリ靴をいれている状態。ベビーカーで玄関に侵入すれば通るスペースがなくなりますまた、マンションなので窓などはなく、玄関に入れば一番に電気をつけなければいけません。玄関が広くて、明るくて、大きなシューズインクロークがあるよなお家に憧れます今日は玄関についてご紹介します


玄関は狭く、開放的な空間になりがちです。そこで視線の抜けをつくることがポイントになります。視線の抜けは、窓を上手に使ってつくることができます。面積に余裕があるかということも関係しますが、玄関ホール大きめにとって、正面に窓を開けるのがポイントです。窓の外には植物を植えて、見え方も配慮します!正面に窓を設けることができない場合には、玄関を家から飛び出した配置にし、正面からではなく、横方向から玄関にアプローチするようにします。

(京都の家ではこのような設計は難しいかもしれませんね

そして、玄関を演出するには足元に照明器具を設置するでおしゃれに演出することができます。玄関框や収納の下に照明を埋め込んで、足元を柔らかく照らすとすごく雰囲気がよくなりますよ。

そして玄関には絶対ほしいシューズインクロークですが、最近は希望する人が増えています。外用の道具やベビーカー、ペット用品、ゴルフバックやスーツケースなど、靴以外にも玄関に置いておくと便利なものはたくさんあります。

可能であれば、玄関とは別の動線を作っておくと、物の出し入れなどがしやすくなりますね。近所にでかけるときに使うサンダルや草履は、シューズインクロークで脱ぎ履きします。

また、コートやマフラー、ダウンジャケットを置いておくのも便利です。そして鏡があれば最高ですね

まとめ

毎日いろんな人が出入りする玄関。お部屋のスペースを確保することは大事ですが、玄関にも目を向けてこだわってみてはいかがでしょうか?

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム