メーカーそれぞれのこだわりを持つキッチンをご紹介します!

2019年06月15日 リフォームの基礎知識

キッチンといっても様々なメーカーが様々なキッチンを売り出しているのはご存知かと思います。

どのメーカーもだいたい同じでしょ?って思ってませんか?

違います!各メーカーにはそれぞれ各メーカーのこだわりがあります。

そんな中で今日はクリナップのキッチンをご紹介したいと思います!


クリナップキッチン STEDIA(ステディア)

最近松たか子がCMをやっているのご覧になったことないでしょうか?

『知ってた?みえないところまでステンレス。だから清潔』と松たか子が言うてます(笑)

そうです!クリナップのキッチン SWEDIAはキッチンそのものの造りがステンレスなんです。

ステンレスは水に強いです!ステンレスは英語でstainless steelと言い、直訳すればステンレス鋼となります。これが日本での正式名称となります。stainlessとは「さびない」と言う意味です。厳密には「さびにくい」という意味も含まれます。

なのでステディアは高質な気候、水を多く使う生活様式に高い耐久性を発揮でき、熱にも強く腐蝕にも強い。カビやニオイがつきにくい上に、長寿命なんです!

クリナップのキッチンは造りだけではありません。清掃性・デザイン・収納力も現代のニーズに合わせて進化しています!

毎日使うからお手入れが簡単なシンクやレンジフード。

トレンドに左右されない『大人インテリア』を実現するタイムレスデザイン。

取り出しやすさまで考えた収納のゾーンコンセプト。理想のキッチンづくりにしっかり対応でき、充実しています。


流レールシンク

調理中の野菜洗いや、後片付けの皿洗いの水の力でシンクの中のごみをどんどん排水口に向けて流してくれる新機能シンク。

お料理中などに使う水が、ゴミや汚れを手前の『流レール』に集めながら流れます。『流レール』に入ったごみは水流に押されて排水口に集まる仕組みです。調理中からシンクをきれいに保ちます。


洗エールレンジフード

ボタン1つでフィルターとファンをまるごと自動洗浄。さらに外気をきれいにして取り入れる給気清浄機能も搭載。

専用の給湯トレイにお湯をいれて本体にセット。洗浄ボタンを押すとファンフィルターに集めた油汚れを自動洗浄。

これで年末の旦那さんの換気扇掃除は必要なくなります(笑)

 

 

 


こだわりも、洗練も、素朴さも、扉と取っ手で自由にコーディネート

職人の手仕事を思わせるデザインや木のフシや割れまでも再現したコレクション。一枚一枚塗装で仕上げたモデルなど、よりやさしく、より温もりある扉が充実しています。


ツールポケット+スライドボックス

よく使うものは手前に集めて、引き出し内は立体的に。より効率的に出し入れできます。きれいに収納できるから使いたいものがさっと取り出せます。

またレールはサイレントレール。静かに閉まり、収納物へのショックも抑えます。
静かに閉まるダンパー機能を標準搭載。しまるときの衝撃を和らげ、中のものへのショックも抑えます。

大容量でも上からサッと出し入れでき、奥行すべてを引き出せるので、奥のものもカンタンに出し入れできます。

フロアコンテナの下には適度なすき間があるので、キッチンマットが使用できます。

 

 

 

 

 


いかがでしょうか。これでもすべての機能をお伝えはできていません。奥が深いですね!こだわりだしたらキリがないというのも確かです。最高級のキッチンにする必要はないと思います。予算のことも考えながら、ここは譲れないというところをはこだわって、理想のキッチンを見つけてください

 

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム