2017年12月21日 リフォームの基礎知識

狭さを感じさせない家造りにはこんなアイデアが使えます!

広々とした平屋には誰しもが憧れるもの。でも現実は狭い敷地になんとかやりくりするような構造の家が精一杯。ということもあるでしょう。

でもでも!アイデア次第で、狭さを感じさせない家造りやリフォームは十分可能なんです。ちょっとしたアイデアで、面積以上に家を広く感じさせることができるんですよ。

  • 1.収納の工夫

    家の無駄な場所を活用して、収納スペースを設けます。

    例えば壁をくり抜いて本棚にしたり、廊下に薄い棚を設けたりして、歩くだけの場所を収納に活用します。階段の下も収納コーナーにはもってこいです。

    もちろん「何となく捨てるのもったいないなー」というものを断舎離する勇気も必要です!

  • 2.子供部屋は子供の成長によって変幻自在に

    子供が育っていくとどうしても必要になるのが子供部屋の個室。でも小さいうちは不要ですから、大きな一部屋を作って思い切り遊べる場所にします。

    小学生などになったら、間仕切りを付けて個室に、そして家から巣立っていったら仕切りを取って夫婦のスペースとして使えるようにしましょう。

    勉強スペースはリビングにして、子供部屋は寝るだけの場所にする、というのもありです。

  • 3.回遊性を高める

    個室はプライベート感がありますが、小さな部屋がたくさんあっても狭苦しい印象になります。それよりも、リビングダイニングを中心に、子供部屋などが行き来しやすい構造にすれば、廊下スペースを省いて、家が大きな一つの空間のように感じられます。

    回遊性の高い家は閉塞感もなくて、快適ですよ♪

    回遊性と視線を遮るものを置かない、この2つを守るだけで家の印象がまるで変わってきます。お試しあれ。

トレンドを採り入れてインテリアの模様替え♪気分転換をしてみませんか?

書店に行くとインテリア関連の雑誌も多く並んでいるなあ、と思うことありませんか?

また家具やインテリアの通販サイトなどを見ても、「今の流行は□□!これでコーディネートをしてみよう」という特集記事が作られていることも結構あります。

特に今、人気が高いインテリア

最近はデンマークやノルウェーなど北欧テイストの雑貨やインテリアが人気。その前にはゴシック系や、アンティーク系など家具やインテリアにも様々なトレンド、流行が生まれているのです。

  • 流行の発信源はやっぱりヨーロッパ

    世界中がヨーロッパから発信されるインテリアやファブリックの情報には注目をしているんですよね。

    それらの情報をいち早く取り入れ、日本でもいろいろな雑貨アイテムやインテリアのテイストに反映されていくようです。

  • インテリアの流行はゆっくりで緩やか

    ただインテリアの流行は、毎シーズン目まぐるしく切り替わるというよりも、やや流れは緩やかであり、数年のスパンで切り替わっていくことが多いです。

    家具は高価な買い物ですから、気に入ったものを買ったあとは、そこに加えるファブリックで流行のデザインテイストを採り入れていく、そんな人も多いようです。

トレンドを取り入れるのも、雑誌や店頭でみたものを真似してみるだけでも構いません。自宅に置くものですから自分のペースや好みで流行のアイテムのアイテムから少しずつ採り入れていくだけでも、気分転換ができて楽しいですよ♪

施工事例 全面改装から水周りまで
リフォームサービス 全面リフォーム キッチンリフォーム お風呂リフォーム トイレ・洗面所リフォーム リフォームの流れ よくあるご質問
会社概要 集合写真 株式会社 サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7
0120-35-6406
FAX 075-595-2060

無料相談 資料請求
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

リフォームサービス

施工事例 全面改装から水周りまで サンコウホームのリフォームサービスについて

ブログ・イベント情報

サンコウホームのサイト

0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2018 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット