滋賀県大津市S様邸のマンションリフォームが始まりました!

今回のブログは滋賀県大津市S様邸のマンションリフォーム現場中継になります。
S様は中古マンションを購入されリフォームをされます。

~施工前の様子~

こちらが築年数36年の施工前のマンションになります。

こちらのLDKと和室、水廻りのあるフロアになっています。

マンションですが右奥に見えています階段があり上の階とつながっています。

上のフロアにはこちらの和室、奥に見えている洋室、隣に洋室があり3部屋あります。

マンションですが上の階とつながっていてメゾネットタイプになっています。

~大工下地工事~

不要な壁や設備機器などの解体が終わると間柱を組んで壁の下地を施工していきます。

職人さんが作業をしているところはもともと浴室・洗面室・トイレがありリフォーム後も同じ配置になります。

床はフローリングの上にクッションフロアが施工してあったのをすべて剥がしてコンクリートの状態です。

床材はこちらのマンション用のフローリングを施工していきます。

今回こちらの材料はお施主様がご用意されました。

LDK部分には先ほどのフローリングが少しずつ施工されています。

すでに施工が終わった部分にはフローリングに傷がつかないように養生をしてあります。

左側にはユニットバスが設置されているのがわかります。

別角度からの写真です。

浴室・洗面室の隣は和室になっています。

和室のすぐ右の壁の色が他の部分と違うのはこちらに収納があったためです。

LDKは収納をなくしてしまうのでこちらはあとでキレイにクロスが施工される予定です。

こちらは上の階になります。

天井を見てもらうと分かりますが、こちらはもともと2部屋でしたが間仕切り壁を解体しています。

奥側が和室、手前が洋室でしたが洋室1部屋に変更していきます。

隣の洋室との境目には廊下がありましたがこちらも洋室の1部となりました。

こちらの階は先にフローリングの施工が終わり養生をしてあります。

もう一つの洋室もフローリングの施工が完了しています。

こちらの物件は大きな間取り変更はなく、2部屋を一部屋にすることと洗面室のサイズを少し小さくしてLDKを広くしていきます。

和室と洋室をつなげた部屋の和室部分の天井が解体されたため天井が高くなりました。

解体された部分は石膏ボードで下地をしています。

~内装工事~

そしてクロスが施工されました。施工範囲は新たに造作した浴室、洗面室部分の壁、LDKの収納があった部分などです。

洗面室の中もクロスが施工されました。

洗面化粧台を設置する部分は接続する排管が床と壁から見えています。

コンセントも壁に仕込まれています。

こちらは下のフロアから階段を上ったところです。

右側が和室と洋室を一部屋にした洋室、左側がもともとあった洋室です。

右側の洋室は天井・壁ともにクロスが施工され天井からは照明器具設置のための電気の配線設備が見えています。

こちらの洋室は床の施工のみです。

クロスは全面的にではなく部分的に施工をしています。

今後トイレや洗面化粧台などの住宅設備や建具、照明器具などが設置されて完成となります。

次回のブログでは施工後の様子をお伝えしたいと思います。

無料相談・お問合わせ・オンライン相談予約はこちらからどうぞ

水廻りリフォームのお得な情報はこちらからどうぞ

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2023 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム