トクラス キッチン編!人造大理石のキッチンを発売して45年!今でも進化しているトクラス(TOCLAS)キッチン!キッチンリフォームならサンコウホームへ!

2022年09月15日 リフォームの基礎知識

今なお進化しているトクラス(TOCLAS)のシステムキッチン

人造大理石のキッチンを発売して45年。

強度・色味・質感で今なお進化しているトクラスのシステムキッチン

キッチンといえばステンレスだった1976年に、

人造大理石カウンターのキッチンが登場して半世紀近いです。

『人造大理石はステンレに比べて傷つきやすいのでは?』

という声も以前は多かったと思います。

これを覆したのがトクラスのキッチン。

楽器メーカーで鍛えられた技術力で、

熱や衝撃に強い人造大理石を生み出してきました。

それまでなかったカラフルなシンクも、トクラスならではです。

また、人造大理石のイメージになかった時代に即して、

今でもトクラスの人造大理石は進化を遂げています!


トクラスの歴史

もともとトクラスは『YAMAHA』の住宅設備機器メーカーでした。

2013年 企業名、ブランド名ともに「トクラス(TOCLAS)」に

名称変更しています。

1976年に国産初めての人造大理石カウンターシステムキッチン『SPシリーズ』

1979年にオープンスタイルのレイアウトプランを提案しています。

1986年に楽器製造の技術を活かして塗装扉36色を実現

1993年にはそれまで高価だった人造大理石カウンターを

ステンレス同等価格で発売

そしてこれまで新商品やフルモデルチェンジを行い、

人造大理石で多様な質感を表現した人造大理石を発売しています。

トクラスの人造大理石(人大)は年代を追うごとに強度や清掃性が高まっています。


トクラスの人造大理石が人気の理由

トクラスの人造大理石が人気の理由は強さです。

細かい傷はスポンジでこすれば消すことができます。

そして、さまざまな色から選べるインテリア性の高さも

トクラス人造大理石の特長です。

独特のなめらかな手触りも人気のひとつです。

職人技の枠を集めたカウンター『TENOR(テノール)』では、

さらに質感を追求しています。

ナチュラル、スタイリッシュ、ラスティック、和モダンと

4種類の違うテイストを用意しています。

スライド画像:BURST BROWN / WA-MODERN STYLE(バーストブラウン / 和モダンスタイル)


トクラス(TOCLAS)のキッチンをご紹介!

最高級キッチン『DOLCE X(ドルチェ エックス)』

リビングからは、日本の伝統的な美しい屏風を思わせる家具的な表情を演出。

キッチン側には、手元を隠したハイバックカウンターを搭載しています。

足元の軽やかなデザインがより開放感を演出します。

凛とした存在感が美しいハイバックアイランドキッチンです。

独創的なラウンドフォルムが魅力のオープンキッチン。

表情豊かなそのカタチは、人の動線分析から導かれたデザイン。

一人でも大勢でも、心地よく調理ができる機能美が実現できます。

美しさを支える塗装技術。

技術者達は手塗りならではの質感を大切にしながら、

1枚1枚丁寧に扉を仕上げています。

木材は、同じように塗装をしても仕上がりが異なってきます。

木地や素材の含水率、形や材色などが一点ずつ異なるためです。

そのような違いを把握し、細かく対応をおこなうため、技術者の感覚と調整が必要なため

手塗りにこだわっています。


高級キッチン『Berry(ベリー)』

一人ひとりの暮らしに合わせたレイアウトとスタイリングで、

愛着を持って長く使いつづけられる理想の空間をつくりあげています。

キッチンは毎日使い続けるものだからこそ、使いやすさや居心地のよさに こだわっています。

品質の高さと、多彩なバリエーション で、わが家にぴったりのキッチンが見つかります。

家族と対面しながら手元を隠すキッチンや、

家族や友人と料理ができるキッチン。

スペースを有効活用できる壁付キッチン。

プランは様々です。

いつもお手入れカンタンで、手をかけただけキレイになる。

お掃除そのものを楽しくする、シンク&カウンター。

料理がはかどるハンガーアイテム。キッチングッズを直置きしない。

だからカウンタースペースをくまなく使えて、調理スペース広々。

カウンター奥のバックガードを高く立ち上げた人造大理石「ハイバックカウンター」。

付属のハンガーアイテムで、よく使うキッチングッズを手の届きやすい高さに浮かせて納めます。

調理のための使いやすい収納。

より高く、より手前に、大切にしたのは、取り出しやすさ。

火まわり・水まわり・調理スペースと、作業ゾーンごとに、

よく使う調理アイテムが、パッと見つかり、スッと取り出せる適所収納です。

おいしい料理を支える機器。集煙性を追求し、お手入れ簡単化が極まった。

水平渦巻きによる高い集煙性と、「フロントキャッチ方式」で、内部への汚れの侵入を抑えます。

非常にコンパクトなフィルター。中央のツマミを持って取り外しも簡単。

小型フィルターのお手入れはぬるま湯のつけ置きか食洗機に入れるだけ。

外側は全面油を弾く撥油塗装。形状も斜めなので案内板の拭き掃除は楽な体勢で。

業界トップレベルの性能を持った浄水器。いつでもおいしい水を。

JIS規格指定の「17物質」に加え、浄水器協会指定の「5物質」を除去。

臭気の要因も除去し、ミネラル分は残したままのおいしい水をつくります。

ヘッド内蔵タイプの浄水カートリッジは交換も簡単。

「どんな料理がしたいか」に合わせた豊富な加熱機器。

手洗いよりも、経済的。暮らしにも自然にもやさしい食器洗い乾燥機。


普及価格帯キッチン『Bb(ビービー)』

基本機能のこだわりと多彩なインテリアシーンであなたの暮らしに寄り添うキッチン『Bb(ビービー)』

どんな色にも染まることができる、シンプルかつ、基本品質をしっかり備えた、これからのスタンダードキッチン

居心地のよい空間づくりのために、思いのままにコーディネート

思い描く暮らしを実現するために、コーディネートしやすい単色系から落ち着いた木目など、

表情豊かなカラー&マテリアルが用意されている。

扉(33色)やドアハンドル(3タイプ)、カウンター(3色)やシンク(7色)など、

自分の感性でキッチンを選ぶことができます。

日々の暮らしに必要な「基本の品質」 人造大理石の美しいカウンター

思わず触りたくなるなめらかな質感単一素材を均質で高密度に仕上げた人造大理石のクラストンは、質感がとてもなめらか。

3色から選べる上質感あふれるカウンター定番のニューグラーナホワイトと、

あたたかみのある風合いに仕上げたシックな色合いの「サンドグラーナ」シリーズ。

クラストンだけの”明るさ感”と”透明感”半透明素材のカウンター内部まで光が入り込むので、明るく感じられます。

お手入れカンタンでいつもキレイ

汚れが染み込みにくい色素の強い赤ワインや、カレー、もらい錆も、スッキリと落とせます。

熱に強く、うっかりミスも大丈夫シンク、カウンター共に、熱や衝撃に強い厚みと高い性能を備えています。

すりキズなんて、すぐキレイに万が一すりキズがついてしまっても、ナイロンたわしで補修できます。

普段のお手入れコーヒーや醤油などの汚れも染み込みにくいので、普段のお手入れは水拭きするだけ。

すりキズをキレイにするには細かいすりキズがついても市販のナイロンたわしでリニューアルできます。

小型フィルターで汚れをキャッチする、サイクロンフードⅢ

内部への油汚れの侵入を抑える「フロントキャッチ方式」

煙の流れをコントロールして小型フィルターが油汚れを吸着。

片手でスッとはずして、食洗機でも洗えます。

コンパクトなフィルターはシンクでも手早く洗え、食洗機でも洗えます。

斜め形状&油をはじく塗装で拭き掃除がラクラク本体が斜め形状なので手が届きやすく、楽な姿勢でお掃除できます。

しかも油をはじく撥油塗装で毎日の拭き掃除がとってもカンタン。

自分流にアレンジできる、シンプルな収納

調理中によく使うものは上段や中段にシンク下の中段引出し内には包丁差しを装着。

オプションを使えばラップやキッチンツールなど長さのあるアイテムも収納しやすくなります。

使用頻度が低いものは
フロアスライドに
フロアスライド部には、蒸し器や大鍋などの重量物、

また使用頻度の低い調理家電を収納。約20cmの十分な高さ(カウンター高さ85cmの場合)です。


今なお進化しているトクラスのシステムキッチン。

カウンターやシンクを人造大理石にしたい!と思っている方は、

トクラス システムキッチンをおすすめします!

トクラスがこんなに歴史が深いなんて、私も知りませんでした!

毎日使う場所だから、特別な場所にしたいですよね!

トクラスのシステムキッチンをご検討されている方はサンコウホームにお問合せください!

お問い合わせはこちらをクリック

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム