京都市山科区K様邸の全面リフォームが始まりました!中古物件を購入して全面リフォーム!!

今回の京都市山科区K様邸のリフォームは中古物件を購入されて全面リフォームをした後にお住まいになられます。

施工前


こちらは1階部分になります。
キッチンの床は変色しており、キッチンも年代を感じさせます。
食器棚は前の持ち主の方が置いて行かれたようです。

そして、キッチン横にはダイニングスペースがありクロスには家具を置いていた部分でしょうか、シミが目立ちます。

浴室はもちろんタイル張りでステンレス浴槽の造りになっています。
1階にはあとは洗面・トイレといった水廻り・和室・洋室があり十分なスペースが確保できそうな物件です。

2階部分はこのような洋室が5部屋と和室が一部屋ありますのでかなりの部屋数ですね。
ただお住まいになるとなると設備が古かったり、各部屋かなり使用感があるのでリフォームがしたいですね。

解体工事


1階部分の床と床組みが解体されています。
手前は納戸、奥は洋室でした。
床下の束が見える状態までの解体なので大掛かりな修繕になりそうです。

キッチンや壁のタイルが取り外されて下地が見えています。
床材もめくられました。
手前のダイニングの方も床は下地の木材が見えていますね。

浴室は浴槽・天井・壁一部・床すべてが解体されて設備の配管だけが残されています。

浴室横にある洗面脱衣室も設備機器が取り外されました。
今では珍しいですが洗面所の床はタイルだったことが分かります。

給排水設備工事


赤がお湯、青がお水の配管になります。
こちらにはキッチンが据え付けられます。

浴室・洗面脱衣室部分も同じように設備配管を仕込みます。
1階にはもともと水廻りの設備があり、場所など移動はせずに新しい物を設置します。

基礎工事


設備配管の仕込み後左官工事が完了しました。

大工下地工事


こちらは洗面脱衣室です。
基礎工事のあと施工が進みユニットバスも設置されました。
脱衣室部分は大工さんによって下地が施工されています。

解体後のLDKも下地工事が進んでいます。
床・壁には構造用合板が施工され、天井にはボードが貼られました。
左側に積まれたフローリングがこの後施工されていきます!
また工事が進みましたらご報告させていただきますね(^_^)

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム