各メーカーのお風呂について!│新入社員大西のほのぼの日誌vol.7 京都のリフォーム会社│株式会社サンコウホーム

2022年02月03日 スタッフブログ

おはようございます!大西です(^^)/

前回は、お風呂の種類について書いたので

今回は、各メーカーのお風呂について書いていこうと思います!

主流なユニットバスメーカーは主にTOTO,リクシル、Panasonicに加え

タカラスタンダード、トクラス(ヤマハ)、クリナップ、ハウステック

等のたくさんのお風呂メーカーあります。

◎TOTOの特徴

・クッション性のある床(断熱性があり、滑りにくい) 

・省エネ性が高い(水に空気を含ませることによって、水量を大幅に削減)(魔法瓶浴槽で、4~5時間後の温度低下は2.5℃以内なので追炊きをする必要がありません)

・リフォーム満足度が高い

〇TOTOのおすすめバス

・サザナ(リフォーム大賞2021にてバス部門総合一位を獲得し今年で4連覇を達成)

・シンラ(リフォーム大賞2021にてバス部門総合3位を獲得/四点支店によって体への負担を分散)

・マンションリモデルバスルーム(価格帯ごとに複数のプランが用意されており人気の「ほっカラリ床」や「魔法瓶浴槽」付きの
タイプも選択可能です)

◎リクシルの特徴

・オプション機能が豊富

・費用を安く抑えやすい

・リラックスできるデザイン

・汚れお付着しにくい(お湯を抜いた時の水流で、排水口内に渦を発生し、髪の毛などのごみをまとめます)

〇リクシルのおすすめバス

・アライズ(浴槽外側と蓋に保温材が入ったダブル保温構造により高い保温力を誇ります)

・リノビオV集合住宅用(人造大理石、丸洗い可能なカウンター、汚れにくい形状で拭き掃除もしやすいドア)

◎Panasonicの特徴

・浴槽の掃除が簡単(床の表面の角に目地がない為、汚れがたまる隙間はなく隅々まで簡単に掃除出来ます)

・美容効果も期待できる(マイクロバブルが含まれた水流で、肌表面の皮脂汚れを浮かせてくれます)

・カビ対策しやすい換気扇

〇Panasonicのおすすめバス

・オフローラ(水滴や水汚れが残りにくく軽くふくだけできれいにできる「スゴピカ浴槽」

・MR‐X集合住宅用(水や汚れをはじく有機ガラス系スゴピカ浴槽、浴槽に水流で自然にゴミがたまる排水溝)

◎タカラスタンダードの特徴

・ホーロー素材で有名(耐久性もあり、磁石としても使えるホーロー素材なのでマグネット付きのラック等で自由に収納スペースが作れる)

・耐震対策ができる(震度6強相当の地震にも耐えられる)

・サイズオーダー可能(25mm刻みでオーダーメイドができる)

〇タカラスタンダードのおすすめバス

・レラージュ(アクリル人造大理石を採用したキープクリーン浴槽(洗剤とシャワーのみでも汚れを落とし、傷にも強い/保温性があり、超高耐久の床材「キープクリーンフロア」)

・伸びの美容室集合住宅(浴槽などパーツの選択肢が豊富で、鋳物ホーローを選択可能/レラージュのようなキープクリーン浴槽を選ぶことも可能)

◎トクラス(ヤマハ)の特徴

・見た目が美しい(人造大理石製、スマートな質感と美しさのある最上級のデザイン製)

・耐久性もある浴槽(熱にも薬品にも強いバスタブ専用素材)

・汚れがたまりにくい(美しミラー、美しドア)

〇トクラスのおすすめバス

・エブリィ(スイッチ一つで自動洗浄できる「お掃除浴槽」や、内蔵された活性炭の働きにより髪、肌のトラブルを軽減してくれる「浄水シャワー」等のうれしいオプションが選択可能です)

・ヴィタール集合住宅(床には膝をついても痛くない、クッション性のある「やわらぐフロア」滑りにくく保温効果もあります。バスタブの底面を最大限に広くデザインしているので、狭くなりがちなマンションの浴槽でも湯舟で足を伸ばしやすくなります)

◎クリナップの特徴

・手入れがしやすい

・浴槽全体を温かい仕様にできる(浴室の外側からの冷気が室内が冷えることはありません)

〇クリナップのおすすめバス

・ユアシス一戸建て、集合住宅(浴槽の素材は人工大理石/FRP「繊維強化プラスチック」から選べます。カラーも人工大理石=4種類/FRP=5種類、壁パネルは16種類からセレクトできます)

◎ハウステックの特徴

・除菌効果のある排水口(胴の過ぎれた抗菌力で、ぬめりの汚れやにおいを抑えてくれます)

・狭い浴槽にも対応

・バリアフリー対策がしやすい

〇ハウステックのおすすめバス

・フェリテプラス(シャワーから出る「クリン軟水」は、カビの栄養源になるせっけんかすの発生を抑制、浴槽のまたぎ部分の高さは39CMで設計されているため幼い子から高齢の方まで無理なく安心して入れます)

・LA集合住宅(床材「スマイルフロア」は微細な凹凸が施されているので滑りにくく、かつ水がたまりにくい。独自の総スペース設計で、浴槽の厚み、内法寸法はそのままに外法寸法を抑えるスリムな構造を実現したので、ユニットバスのリフォームが難しかった狭い浴槽にも対応しやすくなりました)

以上が各メーカーの特徴と強みになります。

最近ショールームに行かせて頂く機会が多いのですが

TOTOのショールームに行くとTOTOの商品が欲しくなって

リクシルのショールームに行くとリクシルの商品が欲しくなってます(笑)

長くなりましたので今日はこの辺で

皆様元気にお過ごしください(^^)/

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム