窓リフォーム!窓をリフォームしたい方必見!YKKAPの窓・サッシのここがすごい!

2021年10月15日 リフォームの基礎知識

窓リフォームをお考えの方必見!

本日はYKKAPの窓・サッシについてご紹介します!窓のないお家はありません!

窓は『心地よい朝の光』『さわやかな空気』『開放感』をもたらしてくれます。

窓は住まいの単なる1パーツではなく、快適な暮らしをつくる大切な1要素なのです。

熱さや寒さから守る

住んでいる地域の気候に合った断熱窓は、室外からの寒暖の影響を受けにくく、

1年を通じて快適な暮らしを実現します。

明るさを取り入れる

室内に差し込む太陽の光を浴びることで一日が始まります!

窓から光を上手に採り込めば明るく過ごしやすくなり、室内照明を効率よく使うことができます。

ぬくもりを取り入れる

窓辺の日差しの暖かさはとても気持ちがいいものです。

冬にもしっかり日射熱を取り入れることができれば、暖房も使い過ぎずにすみます。

さわやかな風を取り入れる

窓から上手に風を通すことで、室内のニオイを外に排出したり、

湿気を逃がして結露を防ぐこともできます。

心地よい風の通る家なら夏でも、エアコンに頼りすぎることなく快適に過ごせます。

良い眺めをつくる

庭などの屋外の景色を室内に取り込むのも窓の大きな役割です。

窓の形や配置によって風景の見え方をさまざまに演出できます。

内と外をつなぐ

窓は室内と室外の接点です。

窓を通して人と人とのつながりをつくることができます。

雨や強風から守る

気密性・水密性の良い窓は雨や風、台風などの自然現象から人と暮らしを守ります。

また、室内をきれいに保つ役割も担っています。

侵入から守る

サイズの小さい窓やスリット窓は小さいながらも、光や風は採り入れ、

泥棒などの侵入を防ぎます。窓は防犯対策にもなります。

騒音をいれない、漏らさない

外からの気になる騒音や室内から近隣への音漏れは、

窓を閉めることで大きく遮断することができます。

住まいをデザインする

お家に表情を与えるのも窓の役割です。窓は住まいの一部として、印象に残る外観をつくります。


YKKAP シリーズ商品 APW

YKK APが、これからの窓を追求した高品質のシリーズです。

樹脂窓をはじめアルミと樹脂を使った複合窓など充実した窓!

10年保証もあり、安心して長くお使いいただける商品です。

室内の温熱環境を整え、夏涼しく冬暖かいすまいで、結露を抑制し快適な室内環境を実現するAPW。

一般的なアルミのサッシはガラスにもフレームにも結露が発生し、水滴が流れますが、

APWはガラスにもフレームにも結露がみられません。窓全体が常に室温に近い状態となっています。

窓と室内の温度差を緩和することで、健康な暮らしを実現しています!

サッシから熱が逃げなかったり、外からの熱を取り込まないことで、省エネルギーで暮らし、住まうことができます。

窓の断熱性の高い家と低い家ではランニングコストも大きな差が出てきます。

もちろんサッシの値段も違いますので、初期費用はかかりますが、

暮らしてからの最終光熱費などを考えると、ライフサイクルコストを抑え、資産価値を高めること間違いなしです!

なぜこのような断熱性能・住環境を実現さえているかというと・・・

高機能トリプルガラス!

高性能トリプルガラスによる世界トップクラスの断熱性能と高いデザイン性をもち合わせた窓で、

窓から住宅を高断熱化することで、エネルギー消費の削減はもちろん、室内の温熱環境を改善し快適な住環境を実現させています。

 

お部屋に合わせたガラス選びで、断熱と日射熱取得をコントロール

2タイプのトリプルガラスをがあります。冬場に太陽の暖かさを取り込みたい南向きの部屋には “日射取得型” のガラス、

厳しい西日が差し込む部屋には “日射遮蔽型” といった使い分けができます。

高い気密性ですき間をつくらず窓から熱が逃げるのを防ぐ。

2種類の開き方ができる高気密の「ツーアクション窓」と

開放感+気密性を実現した「大開口スライディング」で窓から熱が逃げるのを防ぎます!

『ツーアクション窓』・・・四角を囲むロック機構がハンドルと連動し、障子を面で枠に押さえつけます。

『大開口スライディング』・・・施錠時に障子が枠に引き寄せられ、エアタイト材と密着します。

住まいの結露をサラリと解決

結露を防ぐには、室内の暖かな空気と、窓の表面温度の差を小さくする必要があります。

樹脂窓なら、高い断熱性能のおかげで、室内側のガラスやフレームに触れても

ヒヤリとするような冷たさを感じません。


もっと詳しく知りたい方はYKKAPのホームページもご覧ください!

こちらをクリック

窓が変われば暮らしも変わりますよ・・・( ´艸`)


YKKAP シリーズ商品 エピソードII

YKKAP エピソードⅡは長時間の在宅による省エネ性の重視、災害に備えるレジリエンス性、

そしてステイホームを見据えた各種の安全機能など、 その全てを備えた、新しい時代の新しいアルミ樹脂複合窓です。

アルミと熱伝導率の低い樹脂形材を組合せたフレームとLow-E複層ガラス(アルゴンガス入)の組合せで、高性能を実現しています。

窓からの熱の流出が抑えられ、冬でも部屋があたたかく、結露しにくい窓です。

台風や集中豪雨に対しても、戸建て住宅用としては最高水準を誇り、水密性も高め暴風雨時の室内の床への浸水リスクを抑えています。

さらに機能性にもこだわりも!お子さまから高齢者まで、在宅時間をより快適に安心して過ごせるよう、使いやすさ、安全性、換気機能など、さまざまな配慮を形にしています。

高窓用オペレーターと上げ下げロール網戸は安心のループレス仕様に。下枠フラット引違い窓ならテラス窓の下枠段差をなくしバリアフリーに。

通風性の高いクリアネット網戸で在宅中も感染対策。換気ファン付の窓で24時間換気も可能です。

優れた断熱構造

窓の室内側に、断熱性・防露性に優れた『樹脂』のメリットをプラスしたことにより、

高い断熱性能を実現。窓周辺を外気温の影響から守り、健やかな室内環境を保ちます。

樹脂窓 | エピソードII NEO

結露を抑制

アルミ窓と比べて結露しにくく、お部屋を清潔に保てます。

引違い窓の下枠は、雨などの水もスムーズに排水される構造になっています。

樹脂窓 | エピソードII NEO


YKKAP シリーズ商品 エピソードII NEO-B

複層ガラスに断熱性能を高める樹脂スペーサー仕様を新たに標準設定。さらに、枠には断熱樹脂を注入した熱遮断構造(引違い窓のみ)を採用。

Low-E複層ガラス(アルゴンガス入・樹脂スペーサー)と断熱枠で、より快適な窓辺を実現することができます。

エピソードII NEO-B

引違い窓に熱遮断構造を採用

上下枠のレール間樹脂カバーで防露性がさらに向上。断熱樹脂により内レール・アングル部の結露や凍結も軽減します。

さらにアルゴンガスと樹脂スペーサーで、断熱効果がアップ!

アルゴンガスは熱を伝えにくく、空気よりも比重が重い特性があるため空気層の対流を抑えて断熱効果を高めます。

また樹脂スペーサーはガラス端部からの熱の流出を防ぎます。

アルミ樹脂複合窓|エピソードII NEO-B

結露しにくく、窓辺がいつもすっきり!お庭とリビングをつなぐ窓!

室内のあたたかな空気と窓の表面温度の差を小さくして結露の発生を抑えます。また下枠がフラットになっているため、

お掃除もラクラク!お子様や高齢者の方にも安心な設計!

窓だけじゃない!耐風シャッターGR

窓だけでなく、シャッターも必要だと感じる時があると思います。

シャッターは物理的な衝撃から、窓を守るのにも役立ちます。

特に台風の時などは強風で何が飛んでくるかわかりません。以前の台風で私も怖い思いをしました。

雨戸もなかったので、何かが飛んできて、窓ガラスが割れたらどうしようとヒヤヒヤしたものです。

台風のためだけに設置するということもないかもしれませんが、

地域によっては必要性は高いといえます。

YKKAP 耐風シャッター

耐風圧性能1,200Pa(負圧)で窓を守る強固なシャッター。

スイッチひとつで楽に開け閉めできるリモコンシャッターも選べます。

耐風圧性能を高める技術と工夫を惜しみなく投入されたYKKAPの耐風シャッター。

台風などの強風で外れたり破損しやすい箇所を徹底検証し、

優れた耐風圧仕様で防災・減災効果を発揮します。

標準シャッターの2ランク上の耐風圧性能を実現。

さまざまな技術と工夫により耐風圧1200Paを実現しています。

これは窓でいえば耐風圧2400Paすなわち等級S-5に相当します。風速換算値は62m/sとなります。

窓シャッターを閉めた状態では、2.05kgの木材が衝突速度12.2m/s(時速44km)で

衝突しても飛来物が貫通しないので安心です。

様々なラインナップ

シャッターにも様々なラインナップがあります。

①リモコンスリットシャッターGR・・・シャッターを閉めたままでも採光・採風ができます。

②リモコンシャッターGR・・・リモコンを標準装備した、これからのスタンダード

③手動シャッターGR・・・確かな基本性能を備えた手動タイプ

シャッターでも採光や採風ができるものがあるとはびっくりです!

台風時にシャッターがあれば安心ですが、すべての窓につけるとなると、

費用もかなりかかります。地域の環境や、お部屋の間取りなども考えて、

本当に必要かどうかを検討する必要がありますね!

シャッターのことをもっと詳しく知りたい方はこちらも参考になさってください。

こちらをクリック


今回はYKKAPのサッシとシャッターについてお伝えしました。

どんどんと性能が上がっているので、サッシでここまでできるのか!?と驚きを隠せません!

良い商品は金額も高いので、簡単にリフォームということも難しいですが、

リフォームしてからの光熱費や住み心地などを考えると、それ以上のリフォームとなるかもしれません。

窓リフォームをお考えの方はお気軽にサンコウホームにご相談ください!

相談無料・お見積り無料でお待ちしております

お問い合わせはこちらをクリック

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム