京都府綴喜郡T様邸外壁塗装・防水工事~外壁は日進産業のガイナで塗装!ベランダはウレタン防水を行いました!~パート①

京都府綴喜郡T様邸の外壁塗装・防水工事が始まりましたので

一気にご紹介します!

まずは既存のお家をご紹介。

この写真を見るとまだまだ外壁塗装なんて必要ないんじゃないかと

思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

築年数は20年となります。

外壁はひび割れを起こしているところもありました。

また外壁全体は紫外線の影響で防水性がなくなり

雨水を吸いやすい状態です。

雨水を吸い続けると外壁内の雨水が乾ききらずに、

常にじめっとしたような状態に・・・

外壁内に残った雨水が湿気となり外に出ようとしたときに、

外壁が『爆裂』という状態になってしまいます。

そうなる前に塗装をして、外壁の防水性能を高めてあげることが

大切なんですね!

こちらはベランダの笠木です。

笠木の塗膜がめくれてしまっています・・・

これも紫外線の影響です・・・

こちらはベランダです。

土間の上にマットをひかれていましたが、

下からコケが・・・

コケが生えてくるということは雨水が乾きにくき状態になっているということです。

さて工事を始めていきます!

足場を建てます!

お家が大きいので足場も大きいですね~

まずは外壁のシーリングのやり替えを行います。

既存のシーリングをきれいに剥がしていきます。

サッシ廻りのシーリングも剥がします。

シーリング材を塗る前に下塗り剤の接着プライマーをぬります。

シーリング材がしっかり密着するようにします。

コーキングガンを使用してシーリング材を充てんします。

コーキングを充てんしたあと、空気が入らないようにヘラでしっかり密着させます。

これでシーリングの工事は完成。

すべてのサッシ廻りはもちろん、サイディングの継ぎ目の

シーリングもすべて打ち替えを行いました!!

シーリングが乾くのを待ち外壁の洗浄工事へとうつります!

次回をお楽しみに!

 

 

 

 

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム