食中毒から身を守るキッチンの衛生管理!不衛生になりがちなキッチンも最新の機器でしっかり衛生管理!

2019年12月21日 リフォームの基礎知識

キッチンには、雑菌や害虫が好むものがたくさんあります。

ともすると不衛生になりがちです。

最新の機器の力を借りて、

しっかり衛生管理をしましょう。

雑菌がつきにくいステンレスキッチン

キッチンはトイレ並みカビが繁殖しやすく、

浴室以上に大腸菌群も増殖しやすいといわれています。

もっとも汚れやすいということです。

とはいえ毎日、毎日キッチンの掃除ばかり

やってられませんよね。

そこでオールステンレスのキッチンが開発されています。

ステンレスは雑菌がつきにくいうえに

丈夫でさびにくい、汚れがつきにくい、

臭いがつきにくい、ホルムアルデヒドが

発声しにくいなどのメリットがあります。

いつも清潔なキッチンで家族の健康を守りましょう。

実は60℃の高温の湯で除菌効果が高い食洗機

小さい子供やお年寄りのいる家庭では、

とりわけ衛生管理には気を遣います。

食器やカトラリーも、いつも清潔を保ちたいものですね。

そんなとき、実は大いに役立つのが食洗機です。

食洗機にはさまざまなメリットがあります。

除菌効果が高いこと。

60℃の高温のお湯を強力に噴射して一気に洗いあげるので

汚れとともに雑菌も吹き飛びます。

あるメーカーの調査では、99%以上の除菌効果があったと

報告されています。

手洗いより食洗機の方が衛生的で、菌も汚れもきれいに落ちます。

収納部分のゴキブリ・害虫対策

ゴキブリは人間の食べるものならなんでも食べます。

非常に強い生命力を持っていますし、

対策に頭を悩ませている方も多いと思います。

こんな声に応えるために、収納の底板などに、

害虫忌避剤材を使ったムシスルーキャビネットを備えたキッチンもあります。

忌避効果は高く、長期間持続します。

人体への安全性も確認されており、臭いもありません。

これで害虫やゴキブリに悩まされなくて済みますね!

生ごみ処理機を上手に使いましょう

アメリカではディスポンサーが普及していますが、

日本ではまだ一般的ではありません。

しかし、コンパクトな生ごみ処理機が市販されているので、

上手に活用するのをおすすめします。

生ごみ処理機には微生物で生ごみを分解処理する『バイオ式』と

温風で乾燥して処理する『乾燥式』があります。

手軽に使えるのは『乾燥式』で生ごみを投入して

スイッチを押すだけです。

衛生的ですし、ふたを閉めれば臭いもありません。

シンク下に取付られるものもあり、便利です。

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム