体調に不安があっても大丈夫!身体に優しいキッチン!~作る喜びをしっかりサポートしてくれます~

2019年12月16日 リフォームの基礎知識

最新のキッチンは身体にやさしく、つくる喜びをしっかりサポートしてくれます!

ついうっかりしても、フォローは万全です!

何も気にせず料理に専念することができますよ!

腰痛や肩こりがひどい人におすすめしたいキッチン

腰痛や肩こりの人には、前かがみになって行う、

キッチン作業はつらいものです。

今のキッチンはそんな方たちがラクな姿勢で

作業できるように様々な工夫がされています!

◎上からのぞいてパッと出し入れ、腰に負担の少ない引き出し収納

かつての開き戸タイプの収納だと、

鍋やボールを出し入れするたびに

かがんで取り出さなければなりませんでした。

今の主流の引き出しタイプなら、かがむ必要はありません。

すべて上から出し入れできるので、非常に楽ですね!

必要なものを立ったまま、パッと取り出すことができます!

最近では斜めにぱかっと開くタイプもあり、

ますます便利になっています。

手が届く目の前で使える新タイプの収納バリエーション

カウンターが狭くて作業がしにくい!調味料を置く場所がない!

水切り籠を置く場所がない!などキッチンの悩みはつきません。

そこで、目の前の空間を有効活用できる吊り戸棚があります!

吊との下に棚がついているタイプや、使うときだけ吊り戸棚から

目の高さまで降ろせるタイプもあります。

調味料を置いたり、盛り付け中のお皿を仮置きしたり、

水切り籠のようになっているタイプもあり、

いろいろな使い方が可能です!

食器洗い機もフルオープンなら出し入れラクラク

食器洗い機は、フロントオープンタイプとフルオープンタイプがあります。

フロントオープンタイプは前面の扉を倒して中のカゴを引き出します。

欧米ではこのタイプが普通です。たくさんの食器が入るところが

メリットですが、下のカゴに入れる際にかがむ必要があります。

フルオープンタイプは深い引き出しのようになっています。

上から食器をいれるので、かがまなくていいのです!

立ったまま食器を出し入れできるので楽ちんですね!

座ったままで料理や後片付けができるキッチン

長時間立ちっぱなしで料理すると疲れますよね・・・

腰痛の方や高齢の方はなおさらつらいでしょう。

今は椅子にこしかけて調理作業ができるシステムキッチンがあります。

カウンターの下に膝をいれ、カウンターの高さを変えられる

ものもあります。コンロの操作や水の出しとめも

座ったままラクに行うことができます。

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム