京都市山科区K様邸の全面リフォームが始まりました☆

こちらの純和風家屋の全面リフォームをご依頼頂きました。

DSCF6308 - コピー

施工前の間取りと室内状況です。水まわりも含めてガラッとゴロッと間取りが変わる予定ですのでご期待下さい。

京都市山科区K様邸(前)

解体がはじまり、1階の玄関部分から2階を見上げてみました。すっかりスケルトンです。

DSCF7316

K様は耐震性能にとてもこだわっておられました。以前水漏れした際に床下を見てもらった業者に

基礎が弱そうですよ・・・。と言われてからずっときになられていたそうです。

んっ束石ではなくコンクリートブロックこの柱は何を支えにしているの

なぜこうなっていたのは不明ですがこれも含めて床下の補強もしていきますのでK様ご安心して下さいねっ。

DSCF6322 DSCF7305

床下は地面だったのですが、“念には念を・・・”とのご要望で地面部分はメッシュ筋を入れた土間で仕上げる

事になりました。上記写真の不安箇所も同時に土間で全て受けなおしました。これで床周りの耐久性もあがります

同時に湿気を防ぐ防湿シートを敷き込みましたので床下の不安は解消して頂けたと思います。

DSCF7334 → DSCF7342

床組みの要でもある大引きを支えていたコンクリートブロックの束石は処分し、新しく使用したのが

樹脂製のゆかづかという商品です。樹脂製なので、サビや腐れ蟻害の心配がありません。

右の写真の様に大引きを下からガッチリ挟んで支えてくれます。

左の写真は防蟻処理を施している様子です。木材には防蟻処理+樹脂製束でアリ対策も万全です

DSCF7463 scene

床組みが終わり間取りの変更を含む間柱の解体・新設・補強が終わりいよいよアクアフォーム(断熱材)

の施工が始まりました。家屋全体をアクアフォームで包んでいきます。

DSC00009

天井部分の施工後状況です。

これだけの断熱が施されているので屋根からの熱気や冷気もシャットダウンしてくれますね。

DSCF7561

 

アクアフォームの施工が終わり、再び大工さんの出番です。アクアフォームに丁寧にフタをするように

石膏ボードを貼っていき壁面・天井の下地を作っていきます。

IMG_3377

下地が整ってきたら、同時に収納などの造作も行っております。

階段下収納          キッチン脇のニッチ           クローゼットetc.

IMG_3428 IMG_3429 IMG_3426

 

いよいよ完成間近です。

内装や建具は白をメインにコーディネイト予定なので次回のお披露目ブログをお楽しみにしていて下さいね~

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム