京都市中京区O様邸★~内装工事完工しました~

趣味用のお部屋&事務所で使われるお部屋が完工しましたので、

ご紹介していきます

目隠し用の壁の横に、格子を設けました。

この裏にコピー機を置く予定になっております

DSC06129

天井の方は、わざと梁を見せる形にしています。

こうする事で、天井も高くなり、オシャレ感もアップし、一石二鳥です

天井の高さがあるだけで、お部屋は広く感じますよね

お家の場合、大きい梁が入っていて、天井が高くならないとゆう事がありますが、この梁を見せる方法を使うと、梁が邪魔には感じません

この梁の部分には、木目調のクロスを貼ります

DSC06130

目隠し用に使った壁の上も少し細工をしました

こちらの木の棒は、元は手摺に使う木の棒なんです

その木を波打つ様にバランスよくカットしていきました

DSC03677 → DSC03841

クロスも貼り始めています♪

2枚目の写真は、クロスをアップで撮った写真です

遠目で見れば、白っぽいクロスなんですが、近くで見るとお花柄柄が入っています

DSC03837 DSC03838

目隠し用に作った壁のニッチ部分もクロスを変えました

こちらのクロスも可愛いですよね

DSC03845

目隠し用に作った壁の奥もクロスを変えました

こちらのクロスは、他のクロスより白いんですが、ほかのクロスと同様柄が入っています

クロスを色々変えて頂けるだけで、すごくオシャレな空間になります

DSC03843 DSC03844

では、完工したO様邸ご紹介していきます

施工前とは、全然違う空間に変わりました

DPP_5 DPP_11

ニッチ部分もダウンライトを付けました

DPP_35 DPP_38

家具は、DAIKENの商品です♪

DPP_60

床はカーペットタイルをひきました

一枚ものではないので、汚れた箇所のカーペットだけめくる事もできます

カーペットでグラデーションを付けました

DPP_27 DPP_28

梁にクロスを貼った後のアップの写真です

こうする事で、全然梁が邪魔には感じないですよね?

DSC06181

前回ブログで床に開いた穴をご紹介したんですが、

穴の正体は、、、

押すとコンセントが出てきて、また押すとコンセントが床にしまわれるとゆう

すごく便利なものです

壁までコンセントを持っていくとすごく線邪魔ですよね

我が家も壁にしかコンセントがないので、いつも邪魔ーと思っています DSC04042 DSC04045

羨ましいぐらいオシャレな空間になりました

クロスや家具の配置などは、どうしても悩みますよね

そんな悩みもお客様と一緒に考え、これからもよりよい住まい作りをご提供していきたいと思います

前回までの現場中継ブログはこちらから♪

お客様アンケートはこちらから♪

工務:河野 宏典

プランナー:植田 未佳

アシスタント:植野 琴美

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム