京都市南区M様邸浴室&洗面室のリフォームが完了しました☆

2014年04月03日 施工 現場中継

弊社のホームページをご覧になられ、ご連絡頂きました。

「タイル張りのお風呂をユニットバスにしたい。脱衣室の床が腐ってきている・・・。」との事でした。

築30年というご自宅の浴室がこちら。

P2027165

 

全面タイル張りの浴室なのでタイルを解体し浴室部分の基礎工事から行っていきます。

DSCF2672 → DSCF2712

 

基礎工事が終わり浴室の施工が完了しました。

施工したのはLIXILのRENOBIO1116サイズです

正面のアクセントパネルカラーはウッドグレインダークをChoice

浴槽はお湯が冷めにくい浴槽の保温材と保温組フタのダブル保温構造という優れもの

DSCN9803

「床が腐っている」とお伺いしていた洗面室がこちら・・・確かに水がよくかかっている浴室の出入り口と

洗面台の下が特にひどい様です。

P2027169 P2027168

浴室解体と同時に洗面室も解体しました。

P3190016

天井、床、壁面もキレイにクロスで仕上げました

設置した洗面化粧台はPanasonicのMLineという商品です。

この商品は洗面ボウルが人造大理石製で従来品より衝撃に強くなりました

床のクロスはかわいいデザイン柄のクッションフロアです。クリックしてね

DSCN0032 DSCN9806

 

タイル張りの浴室下はコンクリートです。

コンクリートは防水効果はないので水を含んでしまいます。

換気をしても、長年の使用でやはり湿気が多くなりがちなので、タイル張りの浴室周辺は同様の

床の腐敗でお困りのお施主様が多いです。

その点ユニットバスは床下に直接水気が及ぶ心配がないので安心ですね~

営 業 : 藤田 創一

アドバイザー : 橋爪 彩

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム