蛇口・水栓金具交換!エコ金具で水とお湯の無駄をなくす!蛇口・水栓金具交換もサンコウホームにお任せください!

2022年06月10日 リフォームの基礎知識

エコ金具で水とお湯の無駄をなくす~水栓金具について~

『節水』と『節湯』のエコ化が加速!

『水栓金具』は『2ハンドル混合栓』(湯と水のそれぞれのハンドルを調節する金具)に代わって、

1本のレバーで流量と温度を調整できる『シングルレバー混合栓』や

設定した温度で安定したお湯が出る『サーモスタット混合栓』が主流となっていますが、

さらに便利で、かつエコな水栓金具が次々に誕生しています。

『タッチスイッチ水栓』は一時止水用のスイッチにタッチすることで、

こまめに湯水の出し止めができるもので、キッチン用水栓と浴室用シャワーヘッドについています。

『タッチレス水栓』はセンサーに手を近づけるだけで、出し止めできるタイプで、

キチン用水栓で使用されています。

この2つの水栓金具は手元止水機構といい、

利便性に加え、エコ効果は節湯効果で比較した場合、

従来品に比べてキッチン用で9%、浴室用シャワー水栓で20%の節湯ができるとされています。

節水効果で例を挙げると、手元止水機構と節水型シャワー水栓を組合わせた場合、

50%近い節水効果が期待できます。

水に空気を含ませることで、水の粒を大きくしたものや、

少量の水を圧力を上げることで、勢いをつけるものがあります。

水栓金具の種類について

種類 特徴
シングルレバー混合栓 レバーを縦横に操作することで、流量と温度の調節ができます。最も一般的なタイプです。
サーモスタッド混合栓 ハンドルのメモリを合わせることで、設定した温度のお湯を出すことができるタイプです。形状記憶合金を用いています。
タッチスイッチ水栓 スパウト(抽出口)部分にあるタッチスイッチで、こまめに水の出し止めができ、節水にもつながります。
タッチレス水栓 センサーで手を感知して水を出し止めできます。水栓に触れずに操作できるので、水栓まわりが汚れにくいです。
2ハンドル混合栓 お湯と水のハンドルをそれぞれ調整することで流量と温度を合わせるタイプです。
浄水器内蔵型水栓 シングルレバー混合栓のスパウト部分に、浄水器を内蔵したものです。浄水器専用の金具が不要ですっきり見せることができます。

商品選びのポイントは『機能性』と『デザイン性』と『エコ』

商品選びのポイントは、機能性とデザイン性、そしてエコです。

キッチン水栓を例に挙げることで、シンク中をサッと簡単に流すことができます。

さらに料理中に手が汚れていても、タッチレスタイプの水栓であれば、

ハンドルに触れずに使用できるので便利です。

特にオープンキッチンではキッチン水栓が露出するため、

デザイン性の高さが求められます。

グースネックタイプの水栓金具ならデザイン性に加えて、

タッチレスやタッチスイッチの手元止水機構付きの

便利でエコな商品が多く、人気があります。

エコ水栓金具は『節水』効果に加え、

近年『節湯(せつゆ)』効果が注目されるようになりました。

節湯水栓は『手元止水機構(節湯A)』のほか、

浴室シャワー水栓用の『小流量吐水機構(節湯B)』

無意識に湯を使うことを防ぐ『水優先吐水機構(節湯C)』に分類されます。

『水優先吐水機構』はエコハンドルやエコシングルなどと呼ばれ、

キッチンと洗面台の水栓金具に急速に広がっています。

これはハンドルが中央にくるときに湯ではなく水が出るようにすうるもので、

知らず知らずのうちに湯を使ってしまうことを防ぐ効果があり、

節湯効果は約30%とされています。

水栓金具交換費用をご紹介!

takagi(タカギ)キッチン水栓

Amazon | タカギ JL206MN-9NL2 エコシリーズ [蛇口一体型浄水器 みず工房 ワンホールタイプ] | タカギ(Takagi) | 蛇口直結型浄水器

・浄水器一体型水栓・節水シャワー・ハンドシャワー付き

定価48,400円(税込み)→43%OFF 27,500円(税込み)

※工事費別途

※数に限りがございます。

※コロナウィルスの影響で在庫が確保できない場合があります。


SANEI(三栄水栓製作所)浴室シャワー水栓

・節水+サーモスタット

定価39,600円(税込み)→42% 22,900円(税込み)

※工事費別途

※数に限りがございます。

※コロナウィルスの影響で在庫が確保できない場合があります。


いかがでしょうか?

水栓金具は各メーカーで様々な種類の商品が販売されています。

キッチン・お風呂・洗面台などの水栓は

水栓のみの交換も可能です。

私のおすすめはキッチン水栓は『タッチレス水栓』がおすすめです!

『タッチレス水栓』だとセンサーで手を感知して水を出し止めできます。

キッチンに立っていると、以外と手が汚れているシーンが多く、

この手で水栓触りたくないなと思うことが多いです。

また、水栓金具はお掃除の際、あまり目に止まらない部分でもあり、

取っ手の部分など汚れたまま見逃してしまうことも多いです。

『タッチレス水栓』だと汚れを気にしなくていいので、

常に清潔な状態で使うことができますよね!

続いてお風呂のおすすめ水栓は『タッチスイッチ水栓』です!

スパウト部分にあるタッチスイッチでこまめに

水の出し止めができる部分がいいいですよね!

身体を洗っているとき、頭を洗っているとき、お掃除している時・・・

スイッチ一つで水の出し止めができてとても便利です!

水栓はパッキン交換で済まされる方も多いですが、

パッキンはまたすぐに傷んできます。

また何十年と使っている水栓ですから、パッキン以外のところも傷みがでてきます。

パッキン交換は一時の応急処置程度に思ってもらってもいいかもしれません。

パッキンが傷んできたら、水栓交換を検討するタイミングだと思ってください!

お掃除のしやすさや節水効果が進んでいますので、

きっとお得な交換工事となるはずです!

水廻りリフォームおすすめ工事をご紹介!

キッチンリフォームの費用相場・施工事例

施工内容 リフォーム費用相場
システムキッチンのみの交換 80万~150万
キッチン全体のリフォーム 100万~200万
キッチン位置移動・間取り変更 150万~250万

キッチンリフォームの費用相場で、システムキッチンのみの交換の場合は、

80万~150万程が相場です。

施工費はだいたい一定ですが、キッチン本体の仕様によって、金額は大きく変わってきます。

キッチン全体のリフォームの場合は100万~200万程の相場となります。

キッチン全体のリフォームの場合は、内装工事が含まれたり、

フローリングの張替えを行うことで、金額は変わってきます。

続いてキッチンの移動や間取り変更を伴う工事の場合は150万~250万程が相場となります。

移動や間取り変更の場合は、給排水工事、電気工事、ガス工事などのやりかえが必要になりますし、

解体工事、大工工事も絡んできますので、工事代金だけでも金額が高額になってきます。

キッチン入れ替えの場合、少しサイズが変わるだけで、壁や床、天井の今まで見えてこなかった部分が、

出てくるので、壁・天井のクロスの張替え、床のフローリングなどの張替えも

キッチンリフォームの際に一緒に検討されてはいかがでしょうか。

キッチンリフォームの施工事例をご紹介

キッチン全体リフォーム

施工費用150万円

キッチン Panasonic(パナソニック)ラクシーナ W2400

ひと目で見渡せてラクラク出し入れができる「置きラク収納」が特徴。

またスキマレスシンクで、隙間がないから汚れにくくお掃除もラクラクです!

背面はタイルで仕上げて、オシャレなキッチンスペースを演出!!


お風呂リフォームのタイミング・時期について

お風呂リフォームの適切なタイミングは、一般的には15〜20年です。

お風呂リフォームのタイミングは15年~20年と言われています。

在来風呂の場合はタイルのひび割れやコーキング劣化などが見られたら、

早めに対処することをおすすめします!

見た目は大丈夫でもひび割れから水が浸入し、

内部の土台や柱が腐食してボロボロ・・・なんてこともありえます。

さらに白蟻がわいて柱が食われている・・・

こんなことになってしまうと、修繕費用も余計にかかってしまいます。

また、カビが取れないのはひび割れの中にカビが入り込んでしまっている場合もあります。

在来風呂の場合、換気扇がついていないお風呂も多いので、

浴室内がずっと湿ったままで、カビも生えやすいですよね😢

さらに心配なのが『ヒートショック』についてです。

ヒートショックは、暖かいリビングなどから寒い浴室に移動する際に熱を奪われ、

血管が縮むことで血圧が上がってしまいます。

その後、お湯に浸かることで、体温が上がり、また血管が広がり急に血圧が下がってしまいます。

血圧が何回も変動することで、ヒートショックが起こってしまうのです。

在来風呂はユニットバスに入替ないといけない時期が絶対に来ます!

目安時期とはしては、15~20年と言われていますが、

つなぎ目のひび割れなど気になる点があったら早めに対処することをおすすめします!


お風呂リフォームの費用相場・施工事例

お風呂リフォームする場合の価格帯

お風呂リフォームをやりたいけれどどのくらいの費用がかかるかわからくて・・・

という方も多いのではないでしょうか?

リフォームの際の費用相場をご紹介します!

施工内容 リフォーム費用相場
ユニットバスからユニットバス 70万~170万
在来風呂から在来風呂 50万~200万
在来風呂からユニットバス 90万~200万
浴室を広げる、位置変更 120万~300万

お風呂の工事では、在来風呂からユニットバスにリフォームするのが一般的です。

ユニットバスからユニットバスの場合、解体費用、残材処分費は

在来風呂からユニットバスへの入替に比べて多少安価に工事することができます。

設備工事、電気工事も同様です。ユニットバスからユニットバスへの入替時は、

土間コンクリートの打設が必要にあ場合がありますので、

その場合は左官工事の費用がかかりません。

続いて、在来風呂から在来風呂へのリフォームですが、どこまでやり替えるかによっても、

費用は大きく変わってきます。浴槽交換など一部のリフォームをするにしても、

防水工事を行わないといけないので、費用も手間も時間もかかってしまいます。

全体的にやり替える場合は、ユニットバスに交換するよりも費用が高くなる傾向があります。

続いて在来風呂からユニットバスへの入替ですが、費用相場は90万~200万です。

解体費用、残材処分の費用が多くかかることや、設備配管や電気設備もやりかえになります。

土間コンクリートの打設も行うので、左官工事が必要ですし、

土台や柱の腐食やシロアリ被害などがみられれば、土台、柱の交換費用

白蟻駆除費用などが必要になります。

在来風呂からユニットバスへの入替時は洗面室の内装工事なども必要になってきます。

また費用相場は浴室設備の性能・グレードによっても金額は大きく変動します。

最後に浴室を広げたり、位置変更を行う場合の費用相場は120万~300万です。

こちらは工事内容によって大きく変わります!


お風呂リフォームの施工事例をご紹介

ユニットバスからユニットバスへの入替リフォーム

施工費用170万円

ユニットバス LIXIL アライズ 1616サイズ

保温性抜群のユニットバスです!

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム