Withコロナがもたらした新しい生活スタイルパート④!3密回避のために間仕切りや個室を意図的につくる!

2020年12月28日 リフォームの基礎知識

Withコロナがもたらした新しい生活スタイル!

・テレワーク対応のためのワークスペースをつくる

・3密回避のために間仕切りや個室を意図的につくる(感染した際の隔離スペースにも)。

・買い出しの回数を減らすために食品庫(パントリー)などの備蓄スペースをつくる。

・手洗い、うがいを履行するために玄関に手洗い場をつくる。

パート4は『3密回避のために間仕切りや個室を意図的につくる(感染した際の隔離スペースにも)』です。

どれだけ予防を心がけていても、残念ながら感染の可能性はゼロにはなりません。

もしも、家族の誰かが感染した場合は、感染者は極力1つの部屋から出ないようにし、食事や睡眠も別にして、

他の家族との接触を減らす必要があります。

今日は間仕切りや個室を意図的につくるリフォームをご紹介します!


こちらはリビングです。広々としたリビングですが・・・

後のお部屋は扉で間仕切ることが可能!

必要な時には広いリビングに。

仕切りたいときにはそれぞれのお部屋に区切りることが可能。

扉で簡単に仕切れるので便利ですね!


狭いスペースでも個室があれば便利です。

しかし、狭くて閉鎖的・・・となると少し気がめいってしまいますよね。

そんな時は、室内窓を設置するのがおすすめですよ!

隣のお部屋から光を取り込むことができ、明るさの確保。

それだけでなく、空気の入替も可能です!

室内窓があることでお部屋が開放的になりますね!


上記のお部屋はすべてのお部屋が間仕切り扉になっており、

扉を解放すると広々としたお部屋に!

ベランダ側の窓と玄関側の窓を開けると、

お部屋全体の空気の入替も可能になります。

間仕切り扉をしめると、それぞれ個室のお部屋として使用が可能に!

使い方によってお部屋の広さを変えられるのでとても便利です!

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム