お風呂リフォームで暮らしが変わる③~掃除がしやすいバスルーム~

2019年07月23日 リフォームの基礎知識

毎日お風呂に入れば、毎日のお風呂掃除が待っています。お風呂掃除ってなかなか重労働ですよね・・・

掃除する人のことを考えて、手間暇かけずにお掃除できたらうれしいですよね!


髪の毛がぽいっと捨てられるヘアキャッチャー

例えば・・・LIXILの『くるりんポイ排水口』

浴槽からの排水でうずを起こし排水口をキレイにします。

まとまったごみはそのままポイッ!

くるりんポイ排水口は、浴槽の排水を利用してうずを起こし、排水口のなかを洗浄してくれます。

たまった髪の毛やごみは、うずの力でまとまるので、片手てポイッと捨てられます。


排水口は開口部が広くて、凸凹も少ないから洗いやすい!

すぐにぬめって汚くなる排水口・・・石鹸あかや湯あかなどがつき、放っておくとカビや雑菌でどろどろになります。悪臭の原因にもなり、最悪な状態に・・・しかし、現在のユニットバスの排水口は凸凹も少なく洗いやすい、抗菌加工が施されているので、ぬめりやカビが発生しにくい仕様になっています。従来よりシンプルな構造になったので、奥まで手が届くようになりました。排水口のお掃除が、もっとカンタンになりました。


ユニットバスの掃除で気になるのは排水口だけではありません!毎日使っていれば床の汚れも気になるものです。そして意外と汚れが現れるのが床ですよね。

例えば・・LIXILキレイサーモフロア

スポンジが奥まで届きやすい構造と特殊な表面処理でお掃除ラクラクです。

皮脂汚れが発生しても、撥油基(油をはじく成分)があるため、床表面に皮脂汚れが固着しにくいのです。そして、親水基があるため、水が皮脂汚れの間に入り皮脂汚れを取れやすくします。目地も少なく浅いので、スポンジが奥まで届きやすく、お掃除もラクラクです。

 

 

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム