京都市伏見区O様邸のエントランス&水廻り工事が完了しました☆

2014年11月14日 施工 現場中継

ホームページからお問い合わせいただいたO様邸。

エントランスの痛みがひどいのでリフォームしたい。予算内で収まるようなら他にもお願いしたい箇所がある・・・。

との事でした。早速、エントランスのリフォームが始まっております。コンクリート表層を斫り、段差をならしました。

階段部分はタイルで仕上げました。門扉はLIXILのプレスタです。

DSCF4938 → DSCN3843

玄関ドアも新しい物に入れ替えました。LIXILのリシェントです。

玄関前のフェンスも門扉とお揃いでLIXILプレスタです。

外構の壁は高圧洗浄後透湿性の良いケンエースで塗装しました

キレイになりましたね~

DSCN3841 DSCN3840 - コピー

 

続いて内部の様子です。

キッチンはタイル貼りの壁面で、据え置きタイプのキッチンだったので蛇口やガスコックなどが

壁付けになっております。タイルの壁は目地もありお手入れが大変です

キッチン解体後、たくさんの配管が壁からにょきにょき出ております。

DSCN2958 → DSC00664

 

クロスの張替えもするのでクロス剥がし祭り開催中です・・・・

クロス工事の際にはよく見かける光景です・・・・。が、何度みてもスゴイです

DSCF4896

新しいシステムキッチンも設置され、クロスの張替えも完了しました。

床はフロアタイルで仕上げております。

DSCF4928

新しいシステムキッチンはLIXILのASという商品です。

水栓・ガス管はもちろん以前は場所をとっていた食洗機もすべてビルトインされているので、

見た目にもかなりスッキリしましたねっ。壁面はキッチンパネルになったので少々の汚れならササっと水拭きで

汚れが簡単にとれます。

DSCF4924

 

最後におトイレをご紹介いたします。以前は腰壁部分がタイル貼りでした。

リフォーム後は腰壁部分はサニタリーパネルで、腰壁より上部はクロスで仕上げました。

床は大理石調のフロアタイルです。新しいおトイレはTOTOのピュアレストという商品で、

組み合わせ便器というコンセプトの商品で、便座と便器が別々になっている商品です。

別々になっているので故障の際には丸ごと交換しなくても別々で取替が出来るので、コストダウン出来る

というメリットがあります。よく聞く、ウォシュレットが壊れただけなのにトイレ丸ごと交換・・・なんて事には

ならないという事です

DSCN2967 → DSCF4881

 

O様のように予算が決まっているけど、直したい箇所全部やると予算がオーバーしちゃうのでは・・・と

ご心配になられている方も多いと思いますが、ご予算に応じたご提案をさせて頂きますので、

お気軽にご相談下さいね~。

営業 : 藤田 創一

アドバイザー:橋爪 彩

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム