京都市伏見区T様邸♪~第2弾~新築工事

前回のブログでは、棟上まで進んでいました

軸組みも出来上がりました

軸組みまで出来るとなんとなくですが、お家の形がわかりますね

DSC04259

軸組みまで出来たので、屋根を施工していきます

赤い線でひいてあるのが垂木といい、屋根組構造材で、

垂木の上に構造用合板を張り、屋根下地ができます

DSC04286 - コピー DSC04292

屋根下地ができ、まずは防水シートを張り、

KMEWのレイシャスグッラサとゆう屋根材を張っていきます

レイシャスグラッサは、最高級の屋根材と言われており、

軽量スレート素材により屋根を軽くし、減震効果を発揮します

さらに、不燃材料認定の屋根材で、火災でも燃えにくく、施工後は

屋根材の重なり部分が多く、熱を通しにくいので、陶器瓦とほぼ同様の

遮音性を発揮してくれます

レイシャスグラッサは、昔の屋根材の良いところと、

現代の屋根材のいいところを合わせた屋根材ですね

DSC04357 DSC04436

次は中も中継していきます

壁の下地も出来上がっています

黄色で囲ってある金物は筋交プレートといい、この金物を入れる事で、

お家の強度を増してくれます

筋交が入っている箇所にはすべて、この筋交プレートが入っています

DSC04434 → DSC04431 - コピー

次は中を全体的にご紹介していきます

こちらはキッチン部分です

DSC04589

こちらはLDKです

DSC04590

こちらは右からトイレ、洗面、浴室を設けます

DSC04585

こちらは2階の寝室です

DSC04604

奥は広ーいバルコニーがあります

バルコニーでプールが出来そうなぐらい広いですね

DSC04606

2階の洋室です

こちらの洋室は、ステップフロアーになっており、あまりない施工事例だと思います

楽しみにしていて下さいね

DSC04599 DSC04600

今回は中全体をご紹介しました

まだまだ続くT様邸の工事、楽しみにしていて下さいね~

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム