京都市山科区K様邸の全面リフォームが始まりました。解体してしっかり耐震補強していきます!!

京都市山科区K様邸の全面リフォームが始まりました。

築40年超えの木造住宅を耐震補強をしっかりし、キッチンを中心とした間取りにリフォームします!!

施工前

料亭の玄関のような広めの玄関でした。

玄関ホールも広く、壁土が使われた和風仕立てになってました。

キッチンはL字型になってて、ビルトインオーブンレンジが設置されてました。

洗面台も広く、収納も困ることなく大容量ありました。

浴室は、床も壁もタイルで滑りやすく寒い浴室になってました。

トイレは洋式トイレではありましたが、こちらもタイル張りなので寒そうなトイレになってました。

1階の和室。欄間や掘りごたつが置けるつくりになってて素敵なお部屋でした。

2階は3部屋あり、全て洋室でした。

昭和レトロ風のクロスが素敵な洋室でしたが、全面リフォームしていきます。

解体工事

キッチンの設備は取り外され、床材もめくられました。

他の設備も取り外していきます。

欄間や使わない壁を取り壊してます。

トイレでは、すべて解体され配管だけが残されています。

使わないものは、どんどん解体していきます。

階段も外され2階へは、はしごを使って行き来します。

給排水設備工事

解体が終われば、床下に配管の工事をします。

赤がお湯、青がお水の配管です。

大工下地工事

新しい間取りに合わせて、柱を足していきます。

補強の必要なところは、補強し、耐震補強も金具を付けたりして対応していきます。

石膏ボードが貼られるとわからなくなってしまうのですが、

天井や床を壊さずに施工できる「かべつよし」という耐震ボードを使用し、

既存木材住宅を現行の耐震基準以上にすることで耐震補強に配慮されたリフォームにしてます。

新しいサッシの取付も順次進んでます。

壁には、必要な箇所に断熱材を入れていきます。

防湿気密性能の高い「ノン・ホルムアルデヒド」のグラスウール断熱材を使用してます。

天井にも断熱材を入れていきます。

断熱材の施工が終われば石膏ボードを張っていきます。

2階のお部屋では、アップルゲートのセルロース断熱を壁に施工してます。

断熱材の施工が終われば下地板を張っていきます。

そして、石膏ボードを張っていきます。

コンセントの所とスイッチの所には穴を開けておきます。

造作工事

壁が出来てきたら建具を取り付けていきます。

可動棚も取り付けていきます。クロスが貼られてないので仮留め状態です。

クロスを貼ってもう一度、しっかりビス留めして完成になります。

今日は、ここまで

クロス貼りや設備の設置などがあります。

また工事が進みましたらご報告させていただきますね!

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム