京都市山科区M様邸の水廻りと内装のリフォームが完成しました。床材はすべてPanasonic ベリティスフロアSeタイプで仕上げました!

2021年12月05日 施工 現場中継

京都市山科区にある戸建ての水廻りと内装のリフォームが完成しましたのでご報告します。
まずは水廻りからご覧ください。
水廻りは洗面化粧室・トイレをリフォームします。

サッシがあるため洗面化粧台の鏡が取り付けられないため、右側の壁に取り付けてありました。
鏡を横に取り付けたことで使いづらいのはもちろんですが、コンセントの線が見えてしまっていて見栄えも
あまりよくありませんでした。

トイレはもともとタンクレスの物をお使いで、トイレのすぐ横に洗面化粧台があるため手洗い器は設置していません。

サッシ部分を塞ぎ、化粧鏡も正しい位置に取り付けられました。
洗面化粧台はLIXILのLCに交換しました。
幅が90cmの商品なので通常よりも少し大きめのサイズです。
スペースに無駄なくピッタリおさまりました。

トイレは特に不具合があったわけではありませんでしたが、この機会にということでLIXILのサティスSに交換されました。
コンパクトなフォルムで以前よりもトイレ内がスッキリ見えます。
手洗いは特に不便をされていないので今回もトイレ内には取付ていません。

トイレ内部と洗面化粧台まわりの床はフロアタイルで仕上げました。
爽やかな青いレンガ調のデザインでひときわ目を引ひく空間になりました。
フロアタイルなので手洗い時に水がはねても安心です。

水廻りは以上で、続いて内装リフォームです。

内装工事ではこちらの洋室二部屋のクロスの張り替えと床は上張りで施工をします。


床は落ち着いた色目の床材で上張りをしました。
床材にはPanasonicのベリティスフロアSeタイプを使用しました。

【Panasonic ベリティスフロアSeタイプの特徴】
・12色柄がラインナップ
・素材を活かした形状で施工時の作業がしやすい
・キャスター付きの椅子を使用した際にへこみ傷が生じにくい
・お手入れはから拭きだけでも美しさが保てます


クロスは一面だけ濃い色にしてアクセントにしました。

こちらの洋室も同じ床材を使用しました。
二部屋は同じ雰囲気で統一しました。
建具はアイカのマーレスボードを使用しました。
木目や色の種類がたくさん選べて低価格でハイクオリティな商品です。

こちらは施工前でもともとは店舗として使用されていたスペースだそうです。
陳列棚がたくさんあり圧迫感がありました。

廊下部分は段差があるので踏み台を置いて出入りされていました。

陳列棚は撤去し、段差のあった部分は階段を2段造作をしたのでスッキリ見えます。
袖壁の幅木はアクセントクロスの色と揃えました。
床材は他の洋室と同じ商品で仕上げました。
照明もシーリングライトに交換して業務的だったお部屋がオシャレな空間に生まれ変わりました。

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム