フリーリングリフォーム!キズに強く高性能・高機能・デザイン豊かなフローリングなど!LIXILのフローリングのここがすごい!パート②

2021年10月29日 リフォームの基礎知識

先日LIXILのフローリングについてご紹介しました!

ペット対応のフローリング、フローリングなのにタイル調を演出できる!

バリエーションも豊富で、天然木の持つ質感を再現していたり、

今までにない肌触りを演出していたり・・・

さらにエコに配慮したフローリング材までも!

フローリングはただのフローリングではなくなってきていますね!

前回に引き続き、フローリングを紹介していきたいいと思います!

まだまだ『LIXILのフローリングのここがすごい!』続きます!


ラシッサ SフロアUD

ラシッサ SフロアUD

新しい生活様式に求められる時代。手足が直接触れる場所は、特に気をつけたいポイントです。

抗菌・抗ウイルス加工の床が登場しています!

一般的な床と比較して、人が滑りにくい加工となっています。

床の表面に防滑ハイパーフィルムを採用しており、

床のすべりによる転倒や足腰の負担を軽減することができるフリーリングです。

その他の機能・仕様は・・・

①足にフィットする肌触り

②キズに強い 掃除機などのひっかきキズや、擦りキズがつきにくい

③直射日光による日焼けや、洗剤の染み込みよる変色がほとんどない

④色むら、色違いが少ないのでまとまりのある美しい仕上がりに

⑤耐干割れ処理(ハイパーフィルム加工)のため、暖房器具による温度・湿度の変化に強くひび割れが起きにくい

⑥汚れがつきにくくお手入れ簡単(これかなり重要です!)

⑦表面に特殊処理を施しているため、ワックスがけの必要なし!

⑧すべりにくい加工でペットの足腰の負担を軽減

⑨抗ウィルス

⑩抗菌

⑪床暖房に対応

⑫キャスター付きの家具や車いすのキズがつきにくく、また目立ちにくい

⑬耐アンモニア性があるのでペットを飼われている方も安心

⑭ホルムアルデヒド対策仕様

⑮ホットカーペットもOK

こんなくたくさんあります!

特に私が重要視したいのは⑥の汚れがつきにくくお手入れ簡単だということです!

これは実体験ですが、安いフローリングだとほこりがこびりついてしまいます。

掃除機だけではとれないので、雑巾がけするとワックスがとれてしまいました・・・

我が家のフローリングはワックスの残っているところと、残っていないところがあり、見た目のかなり残念なことになっています😢

こんなことにならないように、フローリングにもこだわってほしいと思います!


ハーモニアスリフォーム6

ハーモニアスリフォーム6

今お使いの床の上に重ねて張ることができるフローリング。

キッチンなどの水まわり空間や、ペットを飼われているご家庭にもおすすめのリフォーム床材です。

既存のフローリングの上から『重ね貼り』するだけで、手軽にイメージチェンジすることができます。

「重ね張り」は、今お使いの木質床材の上に新しい床材を重ねて張る方法です。

床下地にくされなどがなく、床の張替えが必要ない住宅におすすめです。

既存のフローリングをめくるとなると、手間も時間もかかります。

下地をやりかえたい、断熱材を入れたいとなると話は別ですが、既存のフローリングが使える場合には重ね貼りもリフォームの一つの工法です。

通常のフローリング材は厚みが12mmですが、こちらのフローリングは厚みが6mmなので、重ね貼りをしてもドアなど建具の下端をカットせずに床を納めることができます。

厚み6mmですが、フローリングの機能・仕様としては申し分のない、充実したフローリング材となっています!


銘木床

銘木床

天然木の風合いをそのまま生かし、それぞれの樹木の美しさを生かした床材です。

ひとつとして同じ表情を持たないのが魅力の一つ。

使い込むほどに質感や色合いを変え、味わいを増してくのも特徴です。

天然銘木の美しさのまま、耐キャスター性能や、床暖房の仕上げ材としてもおつかいいただけるフローリングとなっています。

バリエージョンは3種類。『メープル』『チェリー』『ウォルナット』

自然の中で育まれたマークが個性的な表情を醸す「メープル」

銘木のなかでもひときわ柔らかくなめらかな木肌を見せるメープル。

そのきめ細やかな表面にアクセントとして現れるバークポケットは、木が成長の過程で自ら傷を癒した痕跡。

その他にも光を反射し美しい輝きを見せるバーズアイなど、自然の中で育まれた味わいを楽しむことができます。

メープルの魅力

ぬくもりを感じさせる赤みが暮らしをやさしく包み込む「チェリー」

時を重ねるたびにドラマティックに色の表情を変えるチェリー材。太陽の光を受けてその美しいチェリーレッドを輝かせ、

そして落ち着きのある色合いへと育まれてゆく。チェリーの床が織り成す表情の変化を見守ることは、銘木床の深い楽しみのひとつ。

ガムポケットや個性的な杢理はいつまでも飽きのこない眺めをつくります。

チェリーの魅力

ひときわ風格を持つその表情は、深い味わいを醸す「ウォルナット」

色、柄ともに変化に富み、時に荒々しい表情を見せる杢理は、独特の縞を描きながら深い落ち着きを醸し出してゆく。

歳月を重ねるほどに深く美しい光沢をたくわえ、渋みと深みを増すその艶と表情は、木材の成分である「タンニン」により生まれたもの。

柾目、板目ともにバランスの良い杢理は歳月とともに重厚さを増します。

ウォルナットの魅力

色や質感の変化を子供の成長ともに味わうというもの、このフローリング材の魅力の一つです。

しかし、無垢のフローリングのようにメンテナンスが難しいということではなく、

銘木の美しさを、永く楽しむことができるのも特徴です。

耐キャスター仕様となっているので、基材の硬質パワーシートによりキャスター付の机・椅子などによるへこみの深さを軽減し目立ちにくくします。

車イスなどを使用されるお部屋にもおすすめです。

また、クリア塗装は平滑で木味を活かす艶になっているので、ワックスを掛けなくても日頃のお手入れで美しさを保ちます。

お部屋の空気を汚さず、余計なスペースを使わないで暖房できる床暖房システムに使用できます。


床暖房システム HOTひといき

床暖房システム HOTひといき

快適な温湿環境を保ちながら、お部屋全体を暖める床暖房システム。安全性も高く、健やかな住まいを実現する暖房器具です。

床暖房は足から暖かさを感じる「熱伝導」と床表面からの遠赤外線により暖かさを感じる「放射」を組み合わせた理想的な暖房方式。

部屋全体の温度にムラがないので、足下が暖かく、顔のほてりもない頭寒足熱の快適な室内環境を保ちます。

ファンヒーターやエアコンと違い、燃焼ガスのニオイもなく、また温風でダニ、ほこりを巻き上げないので、お部屋の空気を汚しません。

空気が極端に乾燥することがなく、お肌やのどにもやさしいというメリットもあります。

床暖房パネルが分離型なので、様々なインテリアスタイルに合わせた仕上げ用床材を選ぶことができます。

仕上げ用床材はラシッサ Sフロア・ラシッサ Dフロア・ラシッサ Sフロアアース・ラシッサ Dフロアアアース・ラシッサ Sフロア・ラシッサ Dフロア耐水・ペット・銘木床

を選ぶことができます。

ただ温めるだけでなく、機能も充実しています!

人が触れている部分、座布団を置いた場所など、熱がこもるとその部分だけPTC特性によって発熱量が自動制御されるので、低温やけどになりにくく、床材の変質も抑えられます。

低温やけどが起きにくい

日差しが当たり床表面温度が高くなった場合にも、PTC特性が自動的に発熱量を抑え、電力をムダにつかわないので省エネに効果的です。

 

ムダなく省エネ

床暖房システムには、熱源の種類(電気式、温水式)、床材との関係(分離型、一体型)、発熱体などにより、様々な方式があります。

HOTひといきの床暖房システムは、電気式分離型の中でも、安全性が高く、省エネ性にも優れた、PTC面状発熱体を採用しています。

経済的で、ガス温水式床暖房と比べても、電気代はほとんど変わりません。

電熱線式の床暖房と違い、パネル全体が発熱するので、床の温度は均一でムラがありません。

ひと昔まえは電機式の床暖房はやけどをしたり、水をこぼしたらショートしたりと、トラブルもあり、あまりおすすめしませんしませんでしが、

現在の電気式の床暖房は性能も機能もよくなっています。

ガスの床暖房とまったく引けを取らない性能となっているといってもいいでしょう。

電気代も経済的なので、ガスか電気がどちらにするか迷ってしまいますね!


いかがでしょうか。フローリングといっても様々な種類のフローリングがありますね。しかも今回ご紹介したのはLIXILの製品のみです。

フローリングをだしているメーカーは他にもたくさんあります。

LIXILのフローリング材は種類の豊富さに加え、各種類のバリエーションの豊富さも魅力の一つだと思います。

種類、バリエーションが多いと、迷ってしまいますが、フローリングの張替えは何十年かに一度になるリフォームですので、

いろいろな商品をみて、悩み、迷っていただきたいと思います!

その中でサンコウホームでは女性プランナーがお客様の悩みに寄り添い、お客様が納得のいくリフォームになるよう心がけています。

お見積り無料、パース作成も無料となりますので、お気軽にお問合せいただければうれしいです!

お問い合わせはこちらをクリック

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム