「チーズはどこへ消えた?」

新年、明けましておめでとうございます。

本年も、何卒よろしくお願いいたします。

 

と、例年なら晴れがましい新年を迎えているところですが、

今年は、少し様子が違いますね。

 

関東では、緊急事態宣言が発令され、関西でも少し遅れて

ではありますが、発令されるようです。

 

「もう、イヤや~」と、心の声が漏れてしまいそうですが、

今は仕方がありません。 なんとか、ワクチンが流通し、

集団免疫を確保できるまでの間、しのいでいく、ですね。

 

 

さて、今日は、注文しておいたメガネが仕上がった

ということで、京都の南の方まで一人ドライブしてから

出勤しました。 サブスクで音楽聞き放題にしてから、

一人ドライブは、まあまあのストレス解消になっています。

 

商業施設の中のメガネ屋さんだったので、欲しい本を求め

書店に立ち寄りました。 結局欲しかった本はなさそう

だったので、別の本を購入したのですが、

 

その売り場近くに、「チーズはどこへ消えた?」という本と、

その本の解説本のようなものが複数置いてあるコーナーがありました。

 

昔、この本を読んだことがあります。 結婚するまで働いた会社では

『企業風土変革』という取り組みをしており、私自身、

「チェンジリーダー」という役割を与えられていたので、この辺りの

書籍はよく読みました。

 

2匹のネズミと2人の賢い小人のお話。 これまでの日常に変化が

あったとき、どう行動するのか?といった内容だったと思います。

 

歴史の長い会社で、しかも大きな組織の会社だったので、こういった

取り組みが必要だったんだと思います。 活動は、同じ職場内の

「縦割り=上司から新入社員まで」と、「横割り=各部署の同じ層の

社員の集まり」で行い、日ごろ感じている“おかしい”“変だ”を

気軽に、まじめに話し合う、というものでした。

 

当時、読んでいたので、今日は「懐かしいな~」と表紙を眺め、

帰ってきましたが、当時と今とでは、立場も、周りの人間関係も

大きく変わっているので、今の気持ちでもう一度読み直してみたい!

と帰ってから思いました。

 

まさに、今、世の中は変化の時を迎えています。 なので、こういった

書籍が人の目につきやすい場所に並べられていたんでしょうね。

 

帰ってから、口コミ的なものをみてみると、ビジネス書としても良い

評価であったことに加え、人生を大きく変える書籍とまで書いている

人もいたくらいなので、後日、購入決定!です。

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム