家族の思い出いっぱいの家(^_-)-☆

 

こんにちは 今日、関東地方に台風上陸ということで、テレビでは雨の模様が

映し出されており・・・ うちの子どもに、「外見てみ、快晴やのに、テレビの中

すごいなぁ・・・」と上口が話をしていました。

 

ちょうど、小学4年生の子どもは、夏休みの宿題でも日本地図に都道府県を書き込む

宿題が出ているタイミングで、同じ日本なのに、これだけ気候が変わるんだよぉ、と

説明するには、ちょうど良い状況。 にしても、関東で台風の被害が最小で済むことを

心より願います。

 

さて、昨日の夜の事。。。 少し前におもちゃ売り場の特売コーナーで、「お風呂で

書ける、しかもすぐに消すことができるクレヨン」なるものを購入しており、子どもが

どうしても、やりたい!と言ってきました。 夏休みが大詰めにきており、新学期の

準備ができているのか?宿題は本当に終わっているのか???など、心配事の重なっている

母としては、何も心配せずに、のほほーんと、遊びたがっている子どものアピールに、

ついついイラッとしてしまい、「おとうと入りお母さん、おじいちゃんから返信もらう

はがきをコンビニ行って買ってくるから」と、言い放ち、家を出ました。

 

夏休みの間に、誰かに暑中見舞いを送り、折り返しはがきを送ってもらうという宿題。

 

もっと早く、私が気づいてやれていたら、イラッとすることもなかったんでしょうが、

小4にもなると、そろそろ、自分で気づこうね。という気持ちやら、自分にもイラッと

してしまう気持ちやら、いろいろと絡み、そんな態度をしてしまった私。。。

 

反省しながら、一件目のコンビニでははがき売り切れで、二件目に買いに行き、はがきに

加えて、アイミとおとうに、アイスを一本ずつお土産を買って家に帰りました。

 

玄関を入ると、お風呂から上がった上口が。。。 お風呂の中のアイミに、「おかあ帰って

きたよ」と声をかけてくれ、私にも、「ごめんな、ごめんな」と、いつになく謝る上口。

すると、中から、「おかあさん、おかあさん」と呼ばれ、のぞいてみると、お風呂の壁面~

天井まで、消えるクレヨンで「おかあさん、いつも、ありがとう」の文字がたくさん書かれて

いました。

 

上口の「ごめんな、ごめんな。」は、「消すの大変やで~」の意味だったらしく。。。

 

シャワーカラン壊れっぱなしのお風呂なので、洗面器のお湯を天井に向けてぶっかけ、何とか

消した私。。。

 

この字は、消さないと浴室に残ってしまうから、消してしまったけれど、消しながら、

家のいろんなところに、いろんな想い出あるよな~。。。と、改めて感じました。

ヘンテコな落書きでも、家族にとっては、大切な思い出です

 

消さへんかったらよかったんかなぁ・・・いや、消すべきやろ。 写真撮ったら

良かったなぁ・・・そやな、撮るべきやった・・・と、反省しながら、お仕事

してます(←老眼鏡)

 

公式SNSアカウント

  • YouTube
  • Instagram
  • Pinterest
  • Facebook
  • LINE
© 2022 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム