うわぐち

こんにちは! このホームページを読んでいただき、ありがとうございます!

さて、本題に入る前に、私の自己紹介を簡単に。。。
大工の棟梁の息子暦34年、自身の大工暦4年、他のリフォーム専門店等での修行を経た経験があります。

(ここでの自己紹介は、このくらいにしておきます。)

あなたがリフォームや新築を考え始めた時、どの業者に頼もうと考えますか?

家の近くに、親切な工務店がある場合や、知人に建築関係の人がいるような場合には、その人を通じて工事を依頼するかも知れません。

しかし、大半の人がそのような接点がなく、どうしよう?誰に相談しよう??と考えるはず。

現にこのページをご覧いただいているあなたも、その一人ですよね?私が、あなたの立場だったら。。。

まずは、大手ハウスメーカーに頼むことを考えます。何といっても安心感が違いますから。

女性

それに住宅展示場で実際の建物を見ることができるのは、とても魅力的です。私も個人的に、住宅展示場を見に行くのは、楽しいです。夢がいっぱい広がります。

さあ、現実に戻ると、お金のことが障害になってきます…よね?

住宅展示場で広がった夢を現実のものにするためには、はぁ。。。とため息が出るような費用がかかってしまいます。

なぜ、大手ハウスメーカーの建物が高いのか?建物が素晴らしいから???

まずは、住宅展示場に出展するための費用…維持管理費用、集客費用、スタッフなどの人件費などなどを含めて、年間1億円前後とも言われています(噂ですけど)。

そして、社員の方のお給料。大きい会社になればなるほど、優秀な人材が多く、もちろん優秀な人材が多い=良い仕事ができるわけですが、その分、高給取りの方が多くいるわけです。(うらやましい!)

さらに、広告宣伝費。みなさんがご存知のハウスメーカーさんはテレビCMも定期的にされていますよね。

あれっていくらぐらいのお金が動いているんでしょう???また、商品開発費などの費用も多額であるとお聞きします。

ここで、みなさんご存知のことと思いますが、ハウスメーカーで注文したときの流れを簡単にご説明させていただきます。

【お客さまの目線から…】 【ハウスメーカーの目線から…】
1. 住宅展示場などで、営業担当の方と知り合う。 お客さまと知り合う。
2. 素敵なプレゼンをしてもらう。(やっぱり良いわぁ♪) プレゼン(設計事務所)
3. 見積書を見る。(わぁ…高いなぁ。。。) 見積提出
4. 家族で話し合った結果、高くても良いものを!と決断。  
5. 契約
6. 工事開始! 工事を地元の工務店に依頼
7. 工事途中(できあがっていく様子を見るのが楽しみ♪) 現場を管理
8. 工事完成!(やっぱり、ハウスメーカーに頼んで良かった♪♪♪) 工事完成後、引渡
9. 支払 入金
10. 工務店への支払
設計事務所への支払 等

やっぱり、ハウスメーカーにして良かったですね!という風にも取れるのですが、ここで賢いあなたには、すでにお気付きのことと思います。

結局、施工しているのはどこなのでしょうか? 地元の工務店ですよね???

あなたが支払う工事費の中には、『ハウスメーカーの利益+施工した工務店の利益』 が含まれることになるのです。

ブランドネーム・ネームバリューに左右されることが多々あります。

ジェネリック医薬品の例

特に金額が高いことと、命に関わることなどから、建築物については、大手メーカーの方が安心だと考える方が多くいらっしゃいます。

その反面、同じく命に関わることであっても医薬品業界では近年、ジェネリック医薬品が流行っていることに着目していただきたいのです。病院でもらう医薬品の中には、先発薬と後発薬と呼ばれるものがあります。

先発薬と呼ばれるのは、その成分(配合および効能)で初めて承認を得た薬のこと。

先発薬となると特許権が発生し、他社はしばらく同成分(配合および効能)の薬を発売することができません。しかし、何年か後には特許権が消失し、他社でもまったく同じ成分(配合および効能)での製造販売が可能になるのです。

それがジェネリック医薬品と呼ばれるものです。

医薬品業界では、新薬の研究開発にはげむ大手メーカーと、はなから新薬開発費を投資しないジェネリック専門の準大手メーカーに分かれています。 多額の研究開発費の投資がない分、必然的にジェネリック医薬品は先発薬と同一の成分(配合および効能)であるにも関わらず、安く市場に流通するわけです。

この2種類の医薬品…あなたならどちらを選択しますか?

賢いのはジェネリック医薬品を選択する方です。(近年、この考え方は、広く世間に広がってきているのです)

どこか建築業界と似ている気がしませんか???ブランドネームがなくても、実力ある工務店を選ぶことをオススメします!

ここまでは、ハウスメーカーと工務店のいずれで工事する方が良いか・・・なんて話をしました。ここからは、一歩進んで、さらに工務店およびリフォーム専門店と呼ばれる会社の内情をお話しましょう!

自社大工4名常駐、小予算で責任を持って施工いたします!!

実は、工務店・リフォーム専門店での工事を依頼した場合にも、ハウスメーカーに依頼するのと同じようなことになることが、非常に多いのです。

この確立を数字で示したいのですが、数値化することはとても難しいです。

私の感覚でしかお伝えすることができませんが、私の周りのリフォーム専門店で大工を社員として雇っている会社は皆無に等しいです。

工務店と名乗っている会社でも、広告・宣伝に力を入れている会社は特に、自社で大工を雇用していません。

他社との比較図

結局、大工工事を外注している会社がほとんどなのです。

大工

つまり、このような会社での工事を依頼した場合、あなたが支払う工事費の中には、契約した工務店(リフォーム店)の利益+施工した工務店の利益が含まれることになるのです。

その点、私の会社では、自社の大工が4名常駐しています。

私自身も時には簡単な大工仕事を手伝います。(大工暦も4年ありますので、安心してください!) そのメリットは、施工費を安く抑えられるばかりでなく、責任の面においても自信があります! 大工工事を外注する場合、良い大工さんを知っている場合ならいいのですが、日雇いの大工さんを使うなんてことがあるのも実情なのです。

住まいる直送便・・・このページを作成したのは、中間マージンを省き、より良い工事をより安く提供しようとする当社のこだわりをお伝えしたかったからです。このページを読んで、少しでもこの思いが伝わったでしょうか?

施工事例 全面改装から水周りまで
リフォームサービス 全面リフォーム キッチンリフォーム お風呂リフォーム トイレ・洗面所リフォーム リフォームの流れ よくあるご質問
会社概要 集合写真 株式会社 サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7
0120-35-6406
FAX 075-595-2060

無料相談 資料請求
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

リフォームサービス

施工事例 全面改装から水周りまで サンコウホームのリフォームサービスについて

ブログ・イベント情報

サンコウホームのサイト

0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2018 リフォーム・リノベーションを京都でするならサンコウホーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット